76

ジブリを支えた近藤喜文の展覧会 『耳をすませば』原画など500点展示

ジブリを支えた近藤喜文の展覧会 『耳をすませば』原画など500点展示

『耳をすませば』背景画およびセル画(1995年)/(C)1995 柊あおい/集英社・Studio Ghibli・NH

劇場アニメ『耳をすませば』をはじめ数多くのスタジオジブリ作品を手がけたアニメーター・近藤喜文さんの展覧会が、4月27日(水)から5月9日(月)にかけて大阪・阪急うめだ本店の9階ギャラリーにて開催される。

『火垂るの墓』『魔女の宅急便』『紅の豚』『もののけ姫』などの原画や、監督をつとめた『耳をすませば』の絵コンテやアニメーション原画、イメージボード、スケッチなど約500点が展示される。

スタジオジブリの名アニメーター・近藤喜文

近藤喜文さん

近藤喜文さんは、1987年にスタジオジブリに入社。『魔女の宅急便』『紅の豚』『平成狸合戦ぽんぽこ』などの作品で活躍し、監督・宮﨑駿さんと高畑勲さんから厚い信頼を寄せられていた。

そして、1995年に公開された『耳をすませば』で映画監督デビューを果たすも、1998年に47歳の若さで逝去。

メリハリのあるアクションから細やかな生活シーンまで描く高い技術と、妥協を許さない仕事に対する姿勢は、多くのアニメーターに影響を与えた。

『赤毛のアン』LDボックス用イラスト(1992年)/(C)NIPPON ANIMATION CO.,LTD

宮﨑さんや高畑さんとはスタジオジブリ設立前から交流があり、高畑さんが演出を手がけたTVアニメ『赤毛のアン』(1979年)では、キャラクターデザイン・作画監督を担当。

高畑さんの要求に応えながら、キャラクターたちの細かな動きや表情を丁寧に描いたデザイン画や原画は、どれも見応えのあるものとなっている。

同じくキャラクターデザインと作画監督をつとめた『火垂るの墓』(1988年)や『おもひでぽろぽろ』(1991年)は、表情の考察と試行錯誤を繰り返した、リアリティあふれるキャラクター表現にも注目。

そのほか、近藤さんが監督をつとめ、惜しくも公開には至らなかった日米合作フルアニメーション『リトル・ニモ』(1984年)の動画などの貴重な資料も展示される。

クリアファイル(各324円)

会場では、ポストカードやクリアファイルなどの会場限定グッズのほか、「三鷹の森ジブリ美術館」限定グッズも特別販売される。

※記事初出時より、一部画像の取り下げを行いました。

こんな記事も読まれています

イベント情報

近藤喜文展

期日
4月27日(水)~5月9日(月)
日~木曜日 午前10時~午後8時 金・土曜日 午前10時~午後9時
※閉店30分前までにご入場ください
※催し最終日は午後6時閉場
会場
9階 阪急うめだギャラリー(大阪府大阪市北区角田町8-7)
入場料
一般900円 大学生・高校・中学生700円 小学生以下無料

関連キーフレーズ

23
Share
2
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ