テレクラキャノンボール

てれくらきゃのんぼーる

テレクラキャノンボールとはもともとバイクとテレクラが好きなAV監督カンパニー松尾が「夏に好きなバイクでテレクラ行って素人娘とハメハメしたい!」という単純かつ不純な動機から1997年に制作した 企画AV。

概要

タイトルは、どうせ走るならレースにしようと、松尾が高校生の頃、テレビで見た記憶があるアクション映画キャノンボール(1981年公開)から拝借。
またこの頃はテレクラ(個室に入った男性が何の面識がない女性からの電話を早取りもしくは取り次ぎで引き継ぎ会話を楽しむ店。正式名称テレフォンクラブ)も全国各地に点在し、現地素人女性との出会いも容易な時代だった。

劇場版 テレクラキャノンボール2013はシリーズ通算5作目。初期3作はh.m.pからVHSで発売され、廃盤となっていたが2012年11月にDVDテレクラキャノンボールBEST8時間として再発売された。前作テレクラキャノンボール2009は2008年11月にDVD発売され、AV界のみならず映画、カルチャーシーンでも話題になり、その年に開催されたAVグランプリでプレス賞を受賞している。

似たようなキーフレーズ

『ラ・ラ・ランド』(La La Land)とは、2016年にアメリカで公開され、日本では2017年2月24日に公開されたミュージカル映画作品。 監督・脚本は、『セッション』でアカデミー賞を含む50を超える賞を受賞したデイミアン・チャゼル。 主演は、ライ...

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』とは、1993年に放送された岩井俊二監督のテレビドラマ作品。 また、再構成されたバージョンが1995年8月12日に映画として劇場公開。 2017年8月18日には、脚本・大根仁、総監督・新房昭之、アニメ...

『たかが世界の終わり』は、グザヴィエ・ドラン監督によるカナダ・フランス合作映画作品。 原題は『Juste la fin du monde』。日本での公開は2017年2月11日。 第69回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞。アカデミー賞外国語映画賞 カナダ代表。...

『君と100回目の恋』とは、2017年2月4日公開の映画。 miwaと坂口健太郎のダブル主演。監督は月川翔。 彼女の運命を変えるため100回人生を捧げようとした彼と、彼の1回の未来を守るため自分の運命を決めた彼女の時をかけめぐる純愛映画。ハッシ...

『キセキ ーあの日のソビトー』とは、ボーカルグループGReeeeNの楽曲「キセキ」の誕生にまつわる物語を描いた映画作品。2017年1月28日公開。 松坂桃李、菅田将暉のダブル主演。監督は兼重淳、脚本は斉藤ひろし。 タイトルの“ソビト”とは、...

溺れるナイフとは、少女漫画誌『別冊フレンド』にて2004年から2013年に渡って連載された、ジョージ朝倉による漫画。また、同名の実写映画も指す。気高くも危うい10代の破裂しそうな恋と衝動を描いたラブストーリー。 実写版映画では望月夏芽役...

この世界の片隅にとは、漫画アクションにて2007年1月23日号から2009年1月20日号まで連載されていた、こうの史代による漫画。また、同作を原作とした劇場版アニメーション映画。 「戦争」と「広島」をテーマに、独特の柔らかい雰囲気で激動の時代を...

同じカテゴリーのキーフレーズ

エンタメ

更新日: 2267日前

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ