97

Rin音 × クボタカイ × asmi × A夏目座談会 「自分の中の自分」と向き合う

Rin音 × クボタカイ × asmi × A夏目座談会  「自分の中の自分」と向き合う
リラクゼーションドリンク・CHILL OUT(チルアウト)のコラボレーションソング「What’s up」。制作したのは、この企画のためにユニットを結成した4人だ。

「snow jam」のスマッシュヒットでエモーショナルなラッパーとしてシーンの中心に躍り出たRin音(りんね)、「春に微熱」など内省的なラップで自身を描き大きな共感を得ているクボタカイ、シンガーソングライターとして多方面から注目を集めるasmi(あすみ)、恋愛リアリティ番組にも出演しティーンを中心に支持されるA夏目(あなつめ)。

全員が音楽事務所・ROOFTOPに所属し、フィーチャリング作品などを通して関係性の深い4人により結成されたスペシャルユニットがつくり上げた「What’s up」。それぞれのオリジナリティを8小節ずつ落とし込み、フックでは「溜息じゃなくて ah yeah 一息つこうぜ」「越えれない壁に ah yeah 立ち向いたくて」と、ネクストステップへの助走としてのチルアウトという共通観念を形にする。
What's up - Rin音, クボタカイ, asmi, A夏目 x CHILLOUT
その意味でも、次世代を担うアーティストたちの自然体な姿と、その先への決意とが込められた立体的な一曲と言えるだろう。 新たにMVも制作されたこの曲について、そして「チルアウトすること」について、率直な言葉をうかがった。

取材・執筆:高木"JET"晋一郎 写真:yukitaka amemiya 動画:古見湖 スタイリスト:Taiji Goto アシスタントスタイリスト:Nanase Yamaji,Chiho Fujinami,Ruri Totsuka 編集:新見直

一人ひとりの軸がある“家族”

>

MV撮影現場にお邪魔してのインタビューだった

──「What’s up」は、Rin音さん、クボタカイさん、asmiさん、A夏目さんによるユニットで制作した楽曲ですね。

Rin音 「What’s up」はメンバーそれぞれが持つ音楽性や個性、カラーに加えて、4人が組み合うからこそ出るチルアウト感みたいな部分も、作品として出せたんじゃないかなって。

Rin音

──今回は4人の関係性を表す単語として、クルーやポッセではなく「ファミリー」と表現されているのが印象的でした。

Rin音 所属事務所が同じROOFTOPというのもあるんですが、僕の曲で言ったら「春にふられて feat.クボタカイ」や「earth meal feat.asmi」、「raspberry feat.A夏目」のようなフィーチャリング曲があって。他にもそれぞれのメンバーが客演しあってる曲もあるし、僕のツアーにも3人に参加してもらってもいます。

そうやってお互いに切磋琢磨してきた日数が他のアーティストに比べてかなり多いと思うし、絆も深いんですね。だけど、一人ひとりの軸は別にあるっていう意味でも、「家族」っていう表現がしっくりくるのかなって。

クボタカイ 僕とRin音とは、お互いにまだしっかり音楽制作に向き合う前からの友達でもあり、MCバトルではライバルでもあって。それぐらい普通の「地元の仲間」だったんですね。

クボタカイ

Rin音 当時から私生活の相談にも乗ったりしてたから、いざバトルになると、言われたくないことをお互いに握りすぎて泥仕合になってしまうぐらい(笑)
春にふられて feat.クボタカイ - Rin音
クボタカイ だから、今こういう形で一緒にインタビューを受けてるなんて、19歳の僕たちに伝えたらビックリするだろうなって(笑)。

そしてお互いにアーティスト活動を始めて、ROOFTOPに所属して、asmiちゃんやA夏目くんのようなアーティストが所属して、仲間が増えていってる。そのうえ今回みたいなコラボ曲まで一緒につくれるっていうのは、すごく感慨深いですね。

asmi 私は、クボタカイくんやRin音くんの音楽が大好きだったんです。ROOFTOPに所属したのも、クボタカイくんの大阪でのライブを観に行って、本人とROOFTOPのスタッフに渡したデモテープがキッカケなんです。好きなアーティストばかり所属してる事務所だから、ROOFTOP以外に入ることを考えてないぐらいだったし、今その中でファミリーとして活動できるのは、すごく嬉しいですね。

asmi

A夏目 僕も同じですね。Rin音さんやクボタカイさんの音楽が大好きで、2人に憧れて音楽を始めたんです。最初はMCバトルで知ったんですけど、体格とか厳つさに関係なくラップで勝負する姿が素敵だと感じて。音楽的にも、クボタカイさんやRin音さんのようなポップで音楽性の高い曲に惹かれて、僕もあんな音楽をつくりたいと思ってアーティスト活動をスタートさせたんです。

A夏目

A夏目 もちろんasmiさんのつくる音楽も大好き。だからこの中にファミリーとして入れてもらえるっていうのはすごく光栄なことで。今回のMVでも、3人と一緒に映像をつくるのは、本当に夢のような経験でした。
raspberry feat.A夏目 - Rin音
Rin音 「ゴリゴリのラップじゃないと認めない」みたいな風潮もヒップホップシーンにあると思うんですけど、僕たちは自分たちの好きなものを好きなように、やりたいようにやってきたからこそ、今こうやって活動ができてると思うし、そういう活動が影響を与えられたなら嬉しいですね。自分たちが無我夢中になってやってきたことが受け入れられて、同じように無我夢中に音楽に向かう仲間が増えていくのは、本当に嬉しい。

クボタカイ そういう風に10年後も20年後も言ってもらえるような自分じゃなきゃな、って戒めとしても思いますね。逆にasmiちゃんやA夏目くんから受ける影響もすごく大きいので、もっと切磋琢磨して関係性を深くしたり、広げていきたいと思います。

Rin音 2人ともしっかりしてるし、こんな年下が近くにいるなら、俺もちゃんとせな、って思うよね(笑)。話していても個性や芯、人間性が本当に強いと感じるし、それが曲にも反映されてる。

2人に客演をお願いした曲でも、自分が細かく指示をしなくて、歌詞の世界観やイメージをしっかり汲み取って、それに沿った内容と価値観を提示してくれて。同時にちゃんと化学反応も生み出した、面白くてすごく心地いい曲がつくれたと思うんですね。だから先輩・後輩みたいな感じじゃなく、アーティスト同士としてしっかり向き合えていますね。
earth meal feat.asmi - Rin音
asmi 私としては「心が助かる」っていう感じがあります。どんなに日常が慌ただしくても、日々がしんどくても、常に2人の音楽は心にスッと入ってきて、心地よく響いて心を楽にしてくれる。それはファンとして聴いていた頃も、一緒に活動するようになって距離感が近くなった今もそう。すごく救われるんですよね。

1
2
3
4

こんな記事も読まれています

93
Share
1
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ