67

鳴神裁、YouTubeチャンネルBANへ ホロライブ運営が著作権侵害を訴え

鳴神裁さんのツイート

POPなポイントを3行で

  • 鳴神裁、YouTubeチャンネルBANへ
  • 以降はツイキャスで活動
  • 「嫌われているVTuber」二年連続首位
バーチャルYouTuberの鳴神裁さんのYouTubeチャンネル「Narukami Sabaki Official」が、近日中にBANされることを本人が自身のTwitterで明かした。

BANされる理由について、「著作物の権利侵害からの動画の削除申請、計12件が1日で通った」からだという。

鳴神裁さんは、この削除申請を行ったのはVTuberグループ・ホロライブを運営するカバー株式会社であることも公表した。

二度目のチャンネルBAN、ツイキャスへ移行

鳴神裁さんは、2018年10月より活動を開始したVTuber。

2021年2月頃にも著作物の権利侵害を理由に一時的にチャンネルBANが行われており、その際にはIPを参照したYouTubeへのアクセス禁止措置も取られたという。今回のBANは2度目の出来事となる。

しかし活動は休止せず、「まだまだ正したいこと暴きたいこと裁きたいことが山積みだ」とし、今後は活動の場所をYouTubeからツイキャスへと移行するという。

VTuber業界のスキャンダルを追及する鳴神裁

鳴神裁さんは、これまでVTuber業界の様々なゴシップやスキャンダルを動画に取り上げ、VTuberシーンでは数少ない「物申す系」のポジションを確立。

視聴者や関係者、あるいはVTuber本人たちからリーク情報などを募って動画上で扱うなど、その過激なスタイルによって、何かと炎上や不祥事の多いVTuberシーンにおいて注目の存在となっていた。

一方で、出処が不明の情報も扱うことが多く、実際にデマや誤情報も多く散見されるなど、VTuberファンや業界からはその活動自体を批判・疑問視する声も大きい。

実際にVTuber業界の二大大手事務所であるにじさんじ、ホロライブの両運営から「法的処置を含めた厳粛な対応を検討」「悪質な誹謗中傷」等の声明も過去に出されている。

なお、鳴神裁さんは自身が毎年主催する「嫌いなVtuberランキング」において、2年連続で首位を獲得している。

VTuber業界のことをもっと知る

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

39
Share
9
LINE
匿名ハッコウくん

匿名ハッコウくん

金魚の件は一生忘れないからな

匿名ハッコウくん

匿名ハッコウくん

何やってるかはどうでもいいけど
あくまでYouTubeと言うプラットフォームに動画を出させて頂いてもらってる挙句に金まで貰えるのにBANされたから訴えるのダサすぎない?

匿名ハッコウくん

匿名ハッコウくん

文屋気取りで他人の楽しみを潰すクズだったしな
綺麗サッパリ消えて欲しいわ

すべてのコメントを見る

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ