「キャラの誕生日の0時から開催」コロナ禍の同人誌即売会

──通販が増えたこと以外に、変化を大きく感じたことはありますか?

鮎澤 2020年5月ごろは、「このまま同人誌即売会というカルチャーが継続していけるのだろうか」という危機感も抱いていました。ですが、同人業界というのはいろいろなことを乗り越えてきた業界でもあるので、6月ごろには通販の売り上げが前年の6割くらいには復調しています。

8~9月ごろには、イベントの開催場所をオンラインに移した「オンラインイベント」の開催が増えていきました。イベントがあれば新刊が発行される、購入する方も増える、という流れが再び生まれて、9月以降は通販がけん引してとらのあな全体で回復していきました

「とらのWEBオンリー」ページ(画像はサンプル)

野田 とらのあなは2020年4月からオンライン即売会の支援として、「とらのあなWEBオンリー」というサービスを立ち上げています。累計で約250回ほどオンラインのオンリーイベントが開催されて、累計で約3000サークルさまが参加しています。

いずれオフラインの同人誌即売会が普通に開催できる日は来ると思いますが、一方で、オンラインのニーズは残ると思っています。

鮎澤 オンラインイベントを開催しているのも女性向けジャンルが多いですね。

──地方在住の方や休みの日程が違う方も参加しやすいのは、オンラインならではのメリットですね。

鮎澤 先ほどの店舗の話もそうでしたが、オンラインになって新たなニーズに気づくこともありまして。これまでのイベントの常識から「午前10時スタートでいいだろう」と思っていたら、「(キャラクターの誕生日当日の)0時からはじめたい」「アニメの放送時間に合わせたい」と。そういった要望を受けて、「そうか!そういうこともWebの世界なら自由なんだ!」と気づかされました。

──なるほど! 確かに誕生日記念オンリーなどは0時からスタートしたいですね。

鮎澤 最初の方はこちらも体制が不十分で、希望されていた時間にスタートできなくてお叱りを受けたこともありました。でもこの1年ほど反省を積み重ねて、成果が表れているのではないかと思います。

リピート開催をしてくれる主催者の方もいます。イベントは主催者と参加者でつくり上げるもの──そういう意識を持っているのが大事なんだというのを我々も感じました。 ──逆に「こういう面はオンラインでは難しい」ということはありますか?

鮎澤 リアルの同人誌即売会は、同人誌の売り買いだけではなく、作者と読者、作者同士のコミュニケーションの場でもあったんですよね。その「交流の場」という機能は単純にオンラインにしただけでは十分に再現はできないなと。オフラインももちろんそうですが、オンラインだと準備会(イベント主催者、イベンター)のこだわりや演出が非常に重要になってきます。

野田 それから、「即売会会場の熱量」をオンラインで……というのはなかなか難しいと感じています。オフラインの即売会だと参加者の気持ちが一体となって高揚して、熱気に任せて衝動買い……というのはよく見られると思うのですが、オンラインだとPCやスマホの画面上なのでどうしても空気感が違ってきます。

それでもポジティブな気持ちを後押ししたいので、「○円買うと送料無料」という施策で“ついで買い”していただいたり、通販ページ内でレコメンドしたり、まとめて買うとポイントが付くフェアなどを行ったりしています。

鮎澤 あと、これまではイベントが新しいサークルを知る場になっていたと思うんですよね。壁や誕生日席に新しい人気サークルさんが配置されたり、列ができていたり。

そういった新たな出会いを促進することを考えて、女性向けを中心に、毎月2~4の人気サークルさんにインタビューして、そのサークル主さんが好きな別の作家さんや影響を受けた作家さんを紹介してもらう──という企画もやっています。 野田 サークル主がオススメサークルをレコメンドできる機能も実装しました。たとえばオフラインの即売会なら「合体サークル」として出ているようなサークルさんなのに、通販ページ内だとそれぞれ個別のサークルに見えてしまうということがありました。

レコメンド機能によって、お互いの作品ページから合体相手の同人誌をレコメンドするということもできるようになって、オフラインの即売会がもっていた機能に少し近づけたかと思います。

「クリエイターを支援する」急成長した「Fantia」って?

クリエイター支援プラットフォーム「Fantia(ファンティア)」

──オンライン中心への転換はコロナ禍によって一層加速したと思います。ビジネス面とは別に、背景にはどんな思いがあったのでしょうか?

鮎澤 同人の世界は生態系のようなものだと思います。読み手は同人誌を買うことによって作者を支援していて、作者は作品が売れるから次の作品をつくる。そのサイクルの中に我々や印刷会社さんも入っている。コロナによって同人イベントが続々となくなったとき、「クリエイターの方が活動をやめてしまわないか」という大きな危機感が生まれました。

日本の優れたコンテンツの源流の一端に同人活動をしているクリエイターがいて、その人たちが一度つくることをやめてしまえば、コロナ禍が過ぎても戻ってこないのではと。少しでもカバーできるところを増やしたいという思いは強くありましたね。

──そういう意味では、クリエイター支援プラットフォーム「Fantia」はコロナ禍でどう変わったのでしょうか?

野田 一時期は「つくっているものを出す場がオンラインしかない」という状況でした。クリエイターが「Fantia」で活動し、ファンの方の「作家を支えたい」という気持ちの行き先のひとつとして成長したところがあると思います。

野田純一さん

──「Fantia」は2016年スタート。どんなところが出発点でしたか?

野田 クリエイターが永続的に活動できる──おじいちゃん・おばあちゃんになるまで本を書き続けられる──世界をつくれないか、というところからスタートしています。つまり「Fantia」だけで生活できるクリエイターさんが生まれてほしいということです。

一般的にクリエイターの食べていく道は商業出版などの「マス」を相手にした活動ですが、ファンの方から支援を受けながらクリエイター活動が続けられるという道も、ひとつの理想なのかなと思ったんです。実際、サービスが広まっていって、1~2年くらいで「Fantia」だけで生計を立てているクリエイターさんの話もうかがうようになりました。

鮎澤 最初はみなさんにイメージがなかったので、クリエイターの方に提案しても「よくわからないな」「どんなものですか?」という反応をもらって、「ファンクラブを個人でつくるようなものです」と説明していた時期もありました(笑)。

中には海外の先行例を知っているクリエイターさんもいて、「期待しています」と言ってもらえたり、要望をもらったり……というところからスタートしました。

──最近は認知が広がっているように思います。競合といいますか、クリエイター支援プラットフォームのプレイヤー(企業)も増えています。

Fantia事業流通総額推移

野田 利用者はどんどん増えています。2020年~2021年の利用者数は、前年比265%と大きく伸びました。

最初は「よくわからない」から始まって、3年目くらいから「Fantiaみたいなものがあるらしい」と知ってもらえるようになり、最近はクリエイター支援プラットフォームそのものが浸透して、それらを「Fantiaみたいなもの」と説明してもらえるようになってきているかなと。

鮎澤 まだまだ「Fantiaってとらのあながやっているんだ!?」と言われることもありますが(笑)。ほかのデジタルサービスでいうと、「とら婚」もクリエイターの支援という流れから生まれたサービスで、2020年からようやく大きく伸びてきました。

1
2
3

関連キーフレーズ

プロフィール

鮎澤慎二郎

鮎澤慎二郎

虎の穴 取締役

2002年4月に株式会社虎の穴入社。個人出版物の営業担当として個人クリエイターとの交渉を実施。年間1,000名以上のクリエイター営業を行い、当社にて総取引量でNo.1となる。
2005年10月から該当事業の統括。2019年からユメノソラホールディングス取締役に就任。2020年に株式会社虎の穴 COOに就任。経営計画の策定及び執行を実施。
長年培ってきた経験から、クリエイター支援を軸に新たなビジネスプランの検討・構築に加え、外部とのアライアンス交渉を担当している。

野田純一

野田純一

虎の穴 CTO/虎の穴ラボ CTO

ソーシャルゲーム業界やアドテク業界での大規模開発経験を経て、自身が興味あるアニメ漫画業界でWEBエンジニアとしての知見を活かしたいと思い2016年に虎の穴入社。入社後はFantiaの開発やその他の各種新規WEBサービスの開発を主導。
開発の傍らエンジニア採用活動を積極的に行い、エンジニア専門組織である「虎の穴ラボ株式会社」を設立。
立ち上げた「虎の穴ラボ」はゼロから30名規模まで拡大することに成功。現在は虎の穴ラボの統括をしながらFantia及び通販の事業責任者を兼任。

連載

POP UP !

その時々でKAI-YOUが一番力を入れているものを、まだその魅力を知らない人たちへ届けるため、著名人やクリエイターのインタビューや対談、座談会を実施したり、遠方への取材を行なったりと、ポップポータルメディア「KAI-YOU.net」が全力でプッシュするポップなコンテンツです。

179
Share
10
LINE

1件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

匿名ハッコウくん

匿名ハッコウくん(ID:4593)

イベント未販売同人誌の通販って著作権大丈夫なんですかね?

ファン活動の一部の同人イベントで売ってるものを店舗や通販で再販売のていならまあ権利者としてはお目こぼしできても

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

このページは株式会社カイユウのKAI-YOU.net編集部が作成・配信しています。株式会社カイユウについては、会社サイトをご覧ください。
KAI-YOU.netでは、文芸、アニメ、漫画、YouTuber、VTuber、音楽、映像、イラスト、アート、ゲーム、ラッパー、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新中! 様々なジャンルを横断し、世界をよりワクワクさせるあらゆるポップなインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ