31

劇場版『鬼滅の刃』舞台挨拶に花江夏樹ら「煉󠄁獄から炭治郎への言葉、多くの人に伝われば」

劇場版の目玉、柱・煉󠄁獄と史上最強の敵・魘夢

劇場版で欠かせないのが、鬼殺隊の中でも最高位である“柱”の1人、炎の呼吸を使う、炎柱・煉󠄁獄杏寿郎。

劇場版で初めて任務に挑む姿が公開された煉󠄁獄は、後輩である炭治郎らに激励の言葉を投げかけるシーンや、鬼との戦闘など、その魅力が早くもファンを虜にしている。

煉󠄁獄杏寿郎役の日野さんは、演じるにあたって明朗快活な煉󠄁獄が持つ強い正義感、炭治郎たちの先輩としての頼もしさを強く意識したと振り返る。

「まず煉󠄁獄といえば、独特の個性といいますか、そちらを強く意識する場面が『うまい!』と言うところですね。煉󠄁獄の独特の個性をしっかりと出して、観客の方にまずは笑顔になっていただくというところを意識しました。そして煉󠄁獄としては技をみせるのが今回初でしたので、柱としての強さやかっこよさ、頼もしさを炭治郎たちにみせるというところを心がけていました」

そして、史上最強の敵・魘夢を演じた平川さんは「綺麗な見た目に反して、(魘夢は)外道なので(笑)。彼の歪さとか、嗜虐性と冷静さのアンバランスな感じが出せたらいいなと思い、収録に臨みました」と、独特の怪しさが光る魘夢の演技について言及。

花江さんも「どこか夢心地というか何を考えているのか分からない怖さが平川さんの演技から伝わってきました」とその演技を絶賛。「不気味さが詰め込まれていたので、戦っていて物凄い強敵だなと思いました」と魘夢との激闘を振り返った。

1
2
3

こんな記事も読まれています

26
3
2
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ