106

としまえん、8月末で閉園 近年はアニメ・グラビアイベントでも活況

POPなポイントを3行で

  • 「としまえん」が8月末で閉園
  • 100年近い歴史や機械遺産を有する施設
  • アニメ・グラビアのイベント会場としても
としまえん、8月末で閉園 近年はアニメ・グラビアイベントでも活況

としまえんプール(2019年)/「ビジュアルクイーン撮影会」にて Photo by Diora

東京・練馬区の遊園地「としまえん」が8月31日(月)をもって閉園する。運営する豊島園の親会社・西武鉄道が発表した。

1926年の開園から94年。近年はアニメ関連のイベントやグラビアの撮影会なども行われてきた歴史ある施設が幕を閉じる。

同園は現在、新型コロナウイルスの感染拡大予防として休園中だが、6月13日(土)から「あじさい園」のみ営業を開始。

15日(月)には遊園地全体(プールは除く)の営業を再開する。なお、「豊島園庭の湯」は9月1日(日)以降も営業を継続する。

【えなこら出演】としまえんプールで開催されたグラビア撮影会

100年近い歴史有する「としまえん」

としまえんのメリーゴーラウンド「カルーセルエルドラド」/画像は公式サイトより

としまえんは1926年(大正15年)に開園。同園を中心としたエリアは2011年、避難場所や防災拠点となる公園・緑地の整備促進の観点から、東京都に2020年度までの 10年間で優先的に整備する「優先整備区域」に指定されている。

6月12日、東京都を含めた関係者と「都市計画練馬城址公園の整備にかかる覚書」を締結。さらに、今後の土地利用等の計画に鑑み、「豊島園庭の湯」を除くとしまえんの閉園が決まった。

施設としても長い歴史を有するとしまえんは、世界的にみても最古級といわれるメリーゴーラウンド「カルーセルエルドラド」でも知られる。1907年にドイツでつくられた回転木馬は、欧米を巡り1971年にとしまえんに。2010年には日本機械学会から「機械遺産」に認定されている。

近年はアニメ、グラビア関連イベントでも活況

一方で、近年はそうしたアトラクション以外でも注目を集め、アニメやコスプレ関連のイベントや、KAI-YOUでも毎年取材をしている「ビジュアルクイーン撮影会」など、斬新なイベントの開催場所としてもお馴染みだ。

2020年2月に朝日新聞をはじめとした複数の報道機関から「8月末からプール以外は段階的に終了」と閉園が報じられた(外部リンク)。

その後、読売新聞が跡地に『ハリー・ポッター』のテーマパークを2023年春オープンと報道。その中で12日にも覚書を締結するとされていた(外部リンク)。

「としまえん」の思い出

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「としまえん」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 25

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ