160

最新ニュースを受け取る

SCREEN modeインタビュー 声優・サウンドプロデューサーのユニット結成秘話

SCREEN modeのお二人 左:勇-YOU-さん|右:雅友さん

7月23日(水)、2枚目のシングルとなるTVアニメ『LOVE STAGE!!』OPテーマ『LφVEST』をリリースする、雅友さんと勇-YOU-さんの2人組男性ユニット・SCREEN mode

ギターの雅友さんは、田村ゆかりさんをはじめ多数のアーティストのヒット曲を手がけるサウンドプロデューサー・太田雅友であり、ボーカルの勇-YOU-さんは、洋画の吹き替えをメインに、絶賛放送中のTVアニメ『ハイキュー!!』の田中龍之介なども演じる声優・林勇でもある。

2013年11月、TVアニメ『ぎんぎつね』のEDテーマ『月光STORY』でのデビューから、アニソン界の新星ユニットとして注目を集めてきたお二人に、SCREEN modeのこれまでとこれから、そしてアニソンシーンに思うことについてうかがった。

このチャンスを絶対に活かしたいと思った

SCREEN mode・雅友さん

雅友さん

──雅友さんはサウンドプロデューサー、勇-YOU-さんは声優として、それぞれ活動されてきたと思うのですが、新たにSCREEN modeというユニットを結成したのには、どんなきっかけがあったのでしょうか?

雅友 これまでいろんなアーティストの楽曲をつくってきましたが、僕自身から発信する何かをやりたいとぼんやり考えていたんです。去年の夏ぐらいにランティスのプロデューサーとお話する機会があって、そんなことを伝えると、「じゃあ何かやってみよう」と言ってくれて。

その頃ランティスでは、TVアニメ『ぎんぎつね』のタイアップ曲を歌う男性声優を探している時期で、そこで良い人が見つかれば組んでできるかもしれないね、という話になったんです。

──誰かをプロデュースするのではなく、自身がプレイヤーになることを想定されていたんですね。

雅友 そうです。ただ、いきなり僕が歌ってもあまり商品価値がないと思ったので(笑)、説得力のあるボーカリストと組みたいというのもありました。

それからオーディションを始めたんですけど、なかなか「この人!」というのが見つからなくて。そうこうしているうちに、これ以上引っ張ったら間に合わない! みたいなところまできてしまったんです。

そんな時に、作曲家の友人に「良い人がいる」と紹介してもらったのが、勇-YOU-でした。もう大至急デモテープやら資料やらを送ってもらって。「あー! ここにいた!」という感じで決まりました。

──では、それまでお互いに面識はなかったのですか?

勇-YOU- 全くなかったですね。
SCREEN mode・勇-YOU-さん

勇-YOU-さん

──初めて対面された時の第一印象はいかがでしたか?

勇-YOU- そうですね……なんだか顔のつくりが似ているなと思いました。

──顔のつくり、ですか(笑)。

勇-YOU- よく言われるんですよ! 雅友さんは否定するんですけど(笑)。

──雅友さんは、勇-YOU-さんの印象はいかがでしたか?

雅友 「あ、なんかスターが来ちゃったな」って感じでしたね。

勇-YOU- 絶対思ってない(笑)!

雅友 その時はそこまで思っていないですけど(笑)、この人がスターになるんだなと思いました。

──どんなところにスター性を感じられたのですか?

雅友 会う前にデモは聴いていたので、歌が上手いことはわかっていたんですが、歌っている姿は見ていなかったんですね。でも、実際に見てみると、もう「なんでもやります!」みたいなアグレッシブさがあったんです。

勇-YOU- 元々、長いこと音楽で何かやりたいと思っていて、その矢先のSCREEN modeというチャンスだったので、失うものは何もないと思って臨んでいましたね。

雅友 「このチャンスを絶対に活かしたい」ってことはすごく言っていたよね。この歌唱力と、そのやる気があれば、あとは周りが頑張ればスターになれるんじゃないかと、そう思いました。

ポップでわかりやすいものを、きちんと伝えていく

──1stシングルに続き、2ndシングル「LφVEST」も、『LOVE STAGE!!』というTVアニメの主題歌ということで、アニソンシーンからスタートしていくことになりましたが、最近のアニソンシーンはどのようにご覧になっていますか?

雅友 ここ1年ぐらいはそうでもないんですが、少し前まで、複雑なものが多かった気がします。簡単に口ずさめるような曲や、カラオケで全員がぱっと盛り上がれるような曲が少なかった。

カラオケ行くと、前の方の履歴が見れると思うんですけど、だいたい1990年代から2000年代前半の曲が多いんですよね。たぶん、その後から難しい曲が増えてきたんだと思うんですけど。

──アニソンランキングで言えば、「残酷な天使のテーゼ」(1995年)のような古き良きアニソン、みたいな曲が強いですよね。

勇-YOU- すごいですよね。今でもすぐに歌詞・メロディがぱっと浮かんできますし。

雅友 そんな風に、みんながすっと思い出す曲が少ないんですよね。そうすると、90年代ごろ流行っていたキャッチーな曲が浮かんできて、じゃあこれ歌おうか、ということになるんだと思うんです。だから最近の音楽って難しいんですよね。

もちろん、高い歌唱力をもったボーカリストにしか歌えないような楽曲があってもいいと思います。ただ、SCREEN modeにも勇-YOU-というボーカリストがいますが、彼の歌唱力をひけらかすのではなく、ポップでわかりやすいものをきちんと伝えていくってことをやっていきたいですね。

勇-YOU- シンプル・イズ・ベストというか。

雅友 そこにまた戻したいというのはありますね。
SCREEN mode「LφVEST」MV Short Ver
【次のページ】コピーもアップロードもできない「ライブ」を大事にしたい
1
2

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「SCREEN mode」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 62

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ