FANTASTIC EROTICA

エロマンガに学ぶ! マンガ家と研究家が語る表現と海賊版対策

POPなポイントを3行で

  • 最新の表現は、常にエロマンガにあった
  • 「修正」ですら遊ぶ! 規制が生む新たな表現
  • エロマンガ業界が示す、違法サイトへの回答
「エロマンガを毎日読んでます!」と大きな声で触れ回る人はあまりいないだろう。もし自分の身の回りにいたら驚いてしまう。

しかし驚きつつ、自分も家でこっそり読んでいる。

「エロ」って、そういうジャンルなのだと思う。隠しているけど、実は触れている。
一般誌を「オーバーグラウンド」と定義するなら、エロマンガは「アンダーグラウンド」の世界にある。一般大衆には秘匿される、こっそりした世界だ。

しかし近年、その位置づけが大きく変わってきているのをご存知だろうか?

エロマンガの世界には、いまや一般誌の作品に引けを取らない、美しい絵で重厚な物語を描く作品が数多くあり、それらを描きとるために、日々新たな表現が生まれている。ここにはオーバーグラウンドで活躍する作家・作品たちと同じようにドラマがあるのだ。
 
昨今、創作表現を取り巻く状況は日々変化している。SNSの普及以後、その速度は加速しており、新しい表現が生まれては消費されていく。なかでも、このサイクルが最も速く回っているのが「エロマンガ」というジャンルだ。そして、エロマンガから生まれた先進的な表現技法は、一般のマンガにも波及している。

今回は『エロマンガ表現史』の著者でもある美少女コミック研究家・稀見理都さんと、一般誌・成人誌のフィールドを越えて活動するマンガ家・智弘カイさんを迎え、インタビューを行った。移り変わる時代の中で進化し続けるエロマンガの表現・技術について、掘り下げていく。


取材・写真・文:白石倖介(コース)  編集:和田拓也

※※当記事は、性的な内容の表現を含みます。苦手な方は十分に注意してご覧ください

社会の形とともに変容し続ける、エロマンガの"最速"表現技法

『エロマンガ表現史』/稀見理都(左)、『シルクの果実』/智弘カイ(右)

『エロマンガ表現史』/稀見理都(左)、『シルクの果実』/智弘カイ(右)

──エロマンガでしか見たことのない擬音やアングルなどがたくさんありますが、こういう表現技法は日々増えていくものなのでしょうか。

稀見理都(以下、稀見) エロマンガの世界には常に最新の表現があります。表現技法というのは作家の皆さんでつくったものが、だんだんと定着していくものですが、比較的新しい「くぱぁ」や「らめぇ」(※1)みたいな、擬音や言語を崩すような表現が先鋭化して、共有されたのが2000年以降です。

細かく言えばたくさんありますよ。最近だと「種付けプレス」なども有名ですね。

智弘カイ(以下、智弘) 「種付けプレス」の命名は高津ケイタ先生だったと思います。高津先生がSNSに図説を掲載して、一気に広まりましたね。 稀見理都さん、智弘カイさんの作品 ──いろんな人が使っている表現に名前が付くとそれが記号化されて、急速に拡散するわけですね。

稀見 最近はSNSを通してこうした表現が広まることが多いですね。「記号が広まりやすい環境」ができている。

昔は「エロマンガで生まれた表現はあまりエロマンガ以外に広がらない」っていう壁があった。ガラパゴス化した表現というか。

それが最近は、エロマンガの表現が拡散して少年誌・女性向け・BLなど、ジャンルを超えた表現の共有が起こり始めています。後々具体的に言及しますが、これが現代の特徴のように思います。
『ろりパコ ぶらっくぱぁーるず!』収録 「パコパコマコちゃん」©︎あかざわRED/茜新社

『ろりパコ ぶらっくぱぁーるず!』収録 「パコパコマコちゃん」©︎あかざわRED/茜新社 より
読者のかたには申し訳ないが、残念ながらモザイクをかけなければいけない。「くぱぁ」なシーンが気になる方はぜひFANZAで作品をチェックしてほしい

※1:「くぱぁ」は女性器を指や器具で開く際に使われる擬音。「らめぇ」は「ダメ」の崩れた表現で、快感により正常な発音をできない状態を表している

──エロマンガの表現技法の基礎には、例えば「胸がどう考えてもデカい」など「誇張」の技術がありますよね。そういった誇張表現が、読者を興奮させるのだと思います。

智弘 たとえば「コマから絵がはみ出す」、みたいな表現ってエロマンガでは頻出するのですが、コマ枠を一部消してコマ枠から液体が滴っていく表現とかもエロマンガらしい誇張表現ですよね。メジャーな表現ではないですが、絵以外の部分で没入感を演出する表現として優秀だと思います。

稀見 アダルトビデオの「レンズに液体がかかった表現」のように、コマに液体が吹きかかるような表現もあります。「カメラの存在を意識させる」表現です。

智弘 壁に女の子を押し付けるシーンでは、壁自体をカメラとして捉えるような描写もありますが、これもエロマンガ独特の表現だと思います。押し付けている面全体がカメラになるような表現です。

稀見 ガラス面のように壁を透過させる技法で、読者に女の子を見せていくと。エロマンガって、なんでも透過させるんですよ。椅子とか机とかも透過させます。一般誌で男女の姿を描く場合、普通はどちらのキャラクターも均等に描くものですが、エロマンガでは女の子を大きく見せるために男性さえも透過させてしまいます。
『コイワズライ』 稲戸せれれ/©️ヒット出版社

『コイワズライ』 稲戸せれれ/©️ヒット出版社 より  (加工は編集部)

智弘 これは個人的な印象なのですが、「見開きのページを等分して、タイムラプス的に時間経過を見せていく表現」を、最近よく見る気がします。俯瞰で部屋の全体を眺める、定点カメラのような構図を取って、コマで時間の経過を細かく刻んで、女の子の表情を見せていく。光源の変化やキャラの表情の変化で時間経過を表現していくような技法です。

──そういった技法は、昔はあまり見られなかったのでしょうか。

智弘 なかったわけじゃないと思いますが、00年代にはそこまで見なかった表現です。エロマンガって「女の子の体を見せてナンボ」、みたいなところもあるので、引きの画ばっかりだと興奮できないのでは? という考え方があったと思うんですが、最近はそういう表現も受容されている実感があります。

稀見 より表現が高度になってきている表れだと思いますよ。エロマンガにはもともと、「女の子を中心にしたショットが多くなりやすい」という傾向があるのですが、それが飽和し始めて、違う見せ方が発達していく。カメラを引いたり、時間経過を見せたりといった表現方法を探求する流れなのではないかと思います。

智弘 「抜ける」ことは大事ですが、単純な刺激だけでは読者も飽きてしまいますので。

──「女性の描き方」が進化するのと同時に、世界観を表現する方法の模索も続いているんですね。

智弘 エロマンガは近年、特にコマ割りが奇抜なものも増えていて、普通に読んでいたらどういう順番で読めばいいのか一見して分かりづらいものも多いです。それが問題なく受け入れられているというのは、マンガの読み方がわかっている人が読者に多いんだろうな、と感じています。実験的な表現を模索できるのは、そういった読者に支えられているからかもしれません。


1
2
3
FANZA公式 あらゆるエロマンガを探しに行こう

プロフィール

稀見理都(きみ りと)

稀見理都(きみ りと)

美少女コミック研究家

エロマンガ特有の表現やその歴史について研究を行う。著書に『エロマンガ表現史(太田出版)』『エロマンガノゲンバ(三才ブックス)』などがある。同人サークル「フラクタル次元」主宰。

智弘カイ(ともひろ かい)

智弘カイ(ともひろ かい)

マンガ家・イラストレーター

ワニマガジン社の成人向けマンガ誌『COMIC快楽天BEAST』にて活動するほか、講談社のマンガアプリ『マガジンポケット』にて連載を行なうなど、一般誌・成人誌の両面で執筆を行う。著書に『とろくちずむ(ワニマガジン社)』『デスラバ(講談社)』などがある。同人サークル「Ink Complex」主宰。

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ