166

ネット時代のイラストフラッシュモブ! 「Hecatoncheir」復活

ネット時代のイラストフラッシュモブ! 「Hecatoncheir」復活

illust/design : NEMOBRAND

今回で4回目となるフラッシュモブ的イラスト企画「Hecatoncheir」が、2013年5月25日(土)に開催される。

「Hecatoncheir」とは、デザイナー・イラストレーターのNEMOBRANDさんが主催する、2010年から開催されているフラッシュモブ、またの名を「創作系お絵描きイベント 横殴りFineArtists」企画だ。毎回決められたテーマ・日時・場所に一斉にイラストやグラフィック作品を投稿するというものだ。2年ぶりに行われる今回の「Hecatoncheir4」では、「オノマトペ」から連想し制作した作品を、5月25日の00:00から23:59の間に、イラスト系SNS「pixiv」に一斉投稿することが告知されている。

ネットを通じて呼びかけられた不特定多数の人間が、公共の場で突如申し合わせた行動をとるパフォーマンスなどのことをフラッシュモブと呼ぶが、一時期ネット上で話題を呼んだ「ハーレムシェイク」なども、広義のフラッシュモブと捉えることもできる。「Hecatoncheir」も、事前に参加を公募する形ではあるが、ネットを中心に活躍するイラストレーターらによる一斉投稿は、まさにネット時代のフラッシュモブと呼ぶに相応しい試みだと言える。

毎回100名を超えるクリエイターが参加する「Hecatoncheir」。「pixiv」非公式企画ながら、『QuarterlyPixiv vol.1』で特集記事を組まれたこともある。

過去のお題は、「裏」、「トリオ」、「4つのコマンド『こうげき・ぼうぎょ・まほう・どうぐ』の中から選択」というように、抽象度が高く、それぞれが自由に解釈して作品を制作できる絶妙な設定となっている。「pixiv」の「Hecatoncheir」タグから、過去に投稿された作品を見ることもできる。これまでに、JNTHEDさん、「project百化」主催の虎硬さん、富岡二郎さん、NaBaBaさん、みつごさんら、一癖も二癖もある作家が参加している。 虎硬さんによる「Hecatoncheir3」参加作品 富岡二郎さんによる「Hecatoncheir3」参加作品

「Hecatoncheir4」参加希望者は公式HPからエントリーすることができ、すでに参加者は100名に届きそうな勢いを見せている。開催当日は、虎硬さん、川洋さんというゲストを迎え、Ustream配信による作品紹介も行われる予定だ。参加方法やルールなどの詳細は、公式HPを参照してほしい。

また、5月11日(土)22時から、前回の開催を振り返りながら、前回からの変更点やルールの再確認、裏話等などをUstream配信する。初参加の方はお見逃しなく!


Hecatoncheir
http://nemobrand.com/hecatoncheir/index.html

USTREAM: ヘカトンラジオ
http://www.ustream.tv/channel/nemo-brand

Hecatoncheir (hecatoncheir100) Twitter
https://twitter.com/hecatoncheir100

NEMO*BRAND
http://nemobrand.com/

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

101
Share
14
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ