17

BOOM BOOM SATELLITESのドキュメンタリー番組 最後のライブツアーに迫る

BOOM BOOM SATELLITESのドキュメンタリー番組 最後のライブツアーに迫る

BOOM BOOM SATELLITES

6月22日(水)に最後の作品となる新作『LAY YOUR HANDS ON ME』をリリースしたエレクトロロックバンド・BOOM BOOM SATELLITES(ブンブンサテライツ)のライブツアーを追ったドキュメント番組『BOOM BOOM SATELLITES Tour 2015 Live & Document FRONT CHAPTER Vol.4」』が、7月9日(土)24時30分より、BSフジにて放送される。

彼らが2015年2月にリリースした9枚目のアルバム『SHINE LIKE A BILLION SUNS』をひっさげて行われた対バンイベントツアー「FRONT CHAPTER Vol.4」ライブツアーに迫ったもので、渋谷公演のライブ映像を中心に構成された85分のライブ&ドキュメント番組だ。

「FRONT CHAPTER Vol.4」は、広島、福岡、名古屋、大阪、富山、東京、札幌、仙台の全国8箇所で行われたツアーで、ライブ活動休止前最後のツアーとなった

また、7月10日(日)の20時から大阪fm802で放送される番組『BINGTANG GARDEN』では、ブンブンサテライツを特集。メンバーの中野さんがインタビュー出演する。
BOOM BOOM SATELLITES 『LAY YOUR HANDS ON ME』Short Ver.

こんな記事も読まれています

番組情報

『BOOM BOOM SATELLITES Tour 2015 Live & Document 「FRONT CHAPTER Vol.4」』

番組放送日時
2016年7月9日(土) 24:30〜25:55
放送局
BSフジ

<番組内容>
1997年、ヨーロッパでデビューした中野雅之(Programming, B)、川島道行(Vo, G)からなるロックバンド“BOOM BOOM SATELLITES”。
エレクトロニックとロックの要素を駆使し、シーンのパイオニアとして日本のみならず世界中の音楽ファンから厚い支持を集めている。
2015年秋、川島道行が5度目の脳腫瘍を発症したという診断結果を受け、ライブ活動を休止することを発表した。
しかし治療中も楽曲制作を続け、前作から約1年半の歳月を経て、2016年6月22日、4曲入りの新作CD「LAY YOUR HAND ON ME」をリリース。
そしてこの作品がバンドにとって最後の作品となることが発表された。
中野雅之はその理由について、川島道行の脳腫瘍による麻痺などの後遺症のためである旨をオフィシャルサイトにて説明。
川島道行がミュージシャンとしての役割を「LAY YOUR HANDS ON ME」を作り上げたことで終え、現在は家族と共に穏やかな日々を過ごしていることを報告している。
この番組では2015年5月に行われたBOOM BOOM SATELLITESの自主企画による対バンツアー「FRONT CHAPTER Vol.4」の模様をお届けする。
事実上のラストツアーとなったこのツアーは川島道行が4度目の脳腫瘍再発から復帰後、初のツアーでもあった。
SHIBUYA QUATTROでのライブ映像と、全国8都市で行われたツアーに密着したドキュメント映像には言葉では語り尽くせない覚悟と意志をもって臨むバンドの姿が映し出されている。

関連情報をもっと読む

関連キーフレーズ

9
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ