「ジブリの大博覧会」東京で空とぶ飛行機展 ナウシカから最新作まで

「ジブリの大博覧会」東京で空とぶ飛行機展 ナウシカから最新作まで
「ジブリの大博覧会」東京で空とぶ飛行機展 ナウシカから最新作まで

ジブリの大博覧会 六本木会場 公式Twitter (@ghibli_expo_t)より

スタジオジブリの作品群と、その歴史を振り返る「ジブリの大博覧会」が、7月7日(木)から9月11日(日)にかけて、東京・六本木ヒルズ展望台の東京シティビューにて開催される。

1984年に公開された『風の谷のナウシカ』から、9月17日(土)公開の最新作『レッドタートル』まで、スタジオジブリ30年の歴史を体感することができる。

5月10日(火)より、ローソンチケットにて前売り券が販売中だ。

スタジオジブリの30年と最新作に迫る!

「ジブリの大博覧会」Webサイトスクリーンショット

「ジブリの大博覧会」は、2015年9月の愛知を皮切りに、2016年3月からの新潟での開催と全国を巡回している展覧会。

スタジオジブリにまつわる広告宣伝物や制作資料のほか、企画書などの未公開資料も展示され、これまでのジブリ作品がどのように世に送り出されたか、その軌跡を紐解いていく。

「ジブリの大博覧会」Webサイトスクリーンショット

東京会場で初公開となる特別企画では、海抜250メートルの展望台とコラボし、ジブリ作品のテーマの1つである「空への憧れ」を表現する「スタジオジブリ空とぶ飛行機展」を開催。

また、フランスで制作されたマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィットさんによる長編初監督作品『レッドタートル』の特別展「レッドタートル ある島の物語展」も併設される。

博覧会限定のグッズや、豊富なジブリグッズの販売も行われ、ファンにはたまらない内容となっている。

(C) Studio Ghibli

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

イベント情報

ジブリの大博覧会 ~ナウシカから最新作「レッドタートル」まで~

開催期間
2016年7月7日(木)〜9月11日(日)
営業時間
10:00~22:00(最終入場21:30) ※営業時間は今後変更になる可能性がございます。
会場
六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー内スカイギャラリー
主催
東京シティビュー
企画制作協力
スタジオジブリ、三鷹の森ジブリ美術館
お問い合わせ
東京シティビュー 03-6406-6652(10:00~20:00)

■料金(税込):
【前売券(※数量限定)】
一般 ¥2,200 学生¥1,600 子供¥1,000 シニア¥1,900
(平日限定前売券)※祝祭日・お盆期間(8/6~15)を除く会期中の月~金の入場可
一般¥2,000 学生¥1,400 子供¥800 シニア¥1,700
(アフター6割)※18時以降入場可
一般¥1,800 学生¥1,200 子供¥600 シニア¥1,500
【当日券】※ローソンチケットでの販売はございません
一般¥2,300 学生¥1,700 子供¥1,100 シニア¥2,000

※上記料金にて52階屋内展望台へご入場頂けます
※学生は高校・大学生、子供は4歳~中学生、シニアは65歳以上
※土日祝は非常に混雑が予想されます。平日限定前売券、アフター6割券がおすすめです

Googleカレンダーに追加する

関連情報をもっと読む

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

イラスト・アートの週間ランキング

イラスト・アートの画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ