132

ネオSFイラストレーターうえむら個展 少女が抱えるノスタルジー描く

ネオSFイラストレーターうえむら個展 少女が抱えるノスタルジー描く

うえむら 個展「ここは阿佐ヶ谷」

イラストレーター・うえむらさんの個展「ここは阿佐ヶ谷」が、10月1日(木)から10月11日(日)まで東京・阿佐ヶ谷にあるTAV GALLERYにて開催される。

本展では、昭和のコミックを彷彿とさせるネオSF(少し、不思議)な世界観のイラストを手がけるうえむらさんの新作、過去作品のほか、初公開となる落書きや原画が展示される。

心に刺さるノスタルジックな少女イラスト

うえむらさんは、印象的な台詞とシュールでノスタルジックな雰囲気を感じさせる女の子のイラストを手がけるイラストレーター。自身のTumblr「寝る子がよく育った。」や、イラストSNS・pixivで公開している作品が話題を呼び、各方面から注目を集めている。

これまでに、渋谷PARCOで行われた気鋭の男性クリエイターによる合同展示「オスカル祭 2014」に参加。デザインTシャツ専門店・graniph原宿をはじめ各地で個展を開催してきた。 ほかにも、シンガーソングライター・アサミサエさんによるオリジナル楽曲「フラストレーション」のMVのイラストレーションを担当するなど、その活動は多岐に渡っている。 うえむらさんはWeb上で作品を無料公開してはいるが、一度印刷した作品は複製しないという志向があるという。本展においても、今後、複製されることはないであろう作品群で構成される。

本展のキューレーター・青木彬さんは、うえむらさんの作品について以下のようにコメントを寄せている。

往年の漫画家を思わせるタッチの少女たち、ユーモラスでありながら切っ先の鋭い言葉、写実的な背景、限られた色の配色。これらが織り成すコントラストは、まるで抜け落ちた漫画の一コマのように時間的経過から逃れながらも、奥行きのある物語を想像させてくれます。青木彬さんのコメント

執筆者:きくちみずほ

こんな記事も読まれています

イベント情報

うえむら 個展「ここは阿佐ヶ谷」

日程
2015年10月1日(木)~10月11日(日)
会場
TAV GALLERY(東京都阿佐ヶ谷杉並区北1-31-2)
時間
11:00~20:00
休廊
なし
レセプションパーティ
10月4日(日) 18:00~20:00

関連キーフレーズ

73
Share
2
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ