Microsoft Windows 95

まいくろそふとうぃんどうずきゅうじゅうご

Microsoft Windows 95とは、1995年にマイクロソフト社がWindows 3.1の後継として開発・発売したパソコン用OS。

目次

概要

1995年にマイクロソフト社がWindows 3.1の後継として開発・発売したパソコン用OS。日本では勤労感謝の日(11月23日)に発売された。発売解禁の模様は、マスメディアでも大きく報じられ、その影響もあってか発売当初の出荷数は数週間で700万台を超え、これまで敷居の高かったパーソナルコンピューターが一気に普及していく礎を築くと同時に、以降のデスクトップPCにおける標準、「パソコン」というイメージの基礎を作り上げた。なによりも、インターネットに家庭から当たり前に繋げられるような環境をもたらした功績は文化的にも社会的にも、計り知れない。なお、正式名称はMicrosoft Windows 95 Operating Systemという。

評価

Windows 95の登場以降、パソコンやパソコン周辺機器の低価格化、高性能化が加速していく。これまでは一部の好事家たちの間でもマイコン(マイクロ・コンピュータ)のムーヴメントはあったが、マイクロソフト社が仕掛けたWindows 95の成功によって、パソコンそのものが社会的に注目されるようになり、各家庭にインターネットをもたらした様子は、まさに革命的だったといえる。

テレビや新聞がメディアの中心であった時代に、突如として現れたパソコン、インターネットは社会を急速にオンライン化させ、物事の価値観を一気に変容させていくこととなった。

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ