45

にっこりハムスターのモナカに大反響 目が合うと食べられないかわいさ!

にっこりハムスターのモナカに大反響 目が合うと食べられないかわいさ!

「ハムスターモナカ」/画像はすべて青木光悦堂公式サイトから

  • 12 images

POPなポイントを3行で

  • 創業129年のお菓子問屋・青木光悦堂
  • 新進気鋭の企画デザイン会社・2時がコラボ
  • 「ハムスターモナカ」大反響、次回は1月販売
京都で創業129年のお菓子問屋・青木光悦堂と、新進気鋭の企画デザイン会社・2時がコラボして制作された「ハムスターモナカ」が、12月6日に発売開始。

早々に初回製造分が売切れとなり、間もなく追加製造分も売切れ。結果的に12月分の販売予定数量が完売する大反響となっています。

【画像】目が合うと食べられなくなりそうな「ハムスターモナカ」

自分で好きなようにつくれる「ハムスターモナカ」

「ハムスターモナカ」は、モナカの皮、あんこ、ナッツが6つずつ入ったセットで発売されています。

キンクマハムスターがモデルになったモナカの皮に、好きな量のあんこを詰めて、少しくぼんだお腹にナッツを置いたらできあがり。 自由度も高いので、あんこの代わりに白あんやチーズを詰めるのもよし、ナッツの代わりにドライフルーツを置くのも良さそうです。

なによりパッケージがめちゃくちゃかわいいので、お土産にもぴったり。 再販が待ち遠しいですが、2022年1月上旬に再び注文受付を開始すると告知されており、SNSや公式サイトでアナウンスが行われるようです。

手に入れたいなら要チェックですね(外部リンク)。

フェリシモ出身の2人による企画デザイン会社・2時

青木光悦堂とのコラボによって「ハムスターモナカ」を生み出した企画デザイン会社・2時。

プランナー2名からなる会社で、ともに通信販売会社・フェリシモで7年間にわたりユーモア雑貨の商品企画に携わり、企画・デザインを学んできました。

その感性を活かして、最近でもTwitterで反響を呼び商品化された「勝訴マスコット」や、マンモスのクッションを半透明なシート素材のカバーに収納した「マンモスの氷漬けクッション」など、ネット上で話題のアイテムを生み出しています。

代表をつとめる楢﨑友里さんは、以前KAI-YOU.netの取材に対し「長く商品企画の仕事を続ける中で、より面白い企画に挑戦してみたくなった」と会社設立の経緯についてコメント。フェリシモの社長やスタッフにも応援され、その関連会社として設立されたと言います。

世界を切り拓くアイデア

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

41
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ