9

「おい、デュエルしろよ」振り向いた先には…『遊戯王マスターデュエル』プレイレポ

筆者です。

  • 12 images

POPなポイントを3行で

  • 『遊戯王マスターデュエル』プレイレポート
  • 物語とカードに触れる「ソロモード」
  • 豪華演出でダイレクトアタックもはかどる
みなさん、こんにちは。ボードゲーム研究家/漫画コンシェルジュ/編集者/Webディレクターの小林です。

9月30日より開催されているゲームの祭典「東京ゲームショウ2021(TGS2021)」。

このご時世の貴重なリアルイベントということもあり、KAI-YOU編集部も喜び勇んで取材に行ってきたのですが……通路を進むうちにとあるブースの前でコンパニオンさんと意外な人物に声をかけられました。

通路に現れたカードくん、攻撃力3000の圧を無視することはできない。

それがこちらの「青眼の白龍(ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン)」の威光を一身にまとった纏ったお方、その名もカードくん。

しかも手には『遊☆戯☆王ファイブディーズ』の主人公・不動遊星のセリフ「おい! デュエルしろよ!」と書かれたプラカードを持っているとなれば、ドンピシャ世代としては目を背けることはできないでしょう。

というわけで、コナミデジタルエンタテインメントが開発中のゲーム『遊戯王マスターデュエル』を試遊させていただきました。

『遊戯王マスターデュエル』ブースを担当していたコンパニオンさん

世界大会でも採用予定の『遊戯王マスターデュエル』

『遊戯王マスターデュエル』は、「対戦者も観客も楽しめるオンライン遊戯王」をコンセプトにしたデジタルゲーム。
先行プレイ動画もあるよ
PlayStation5・4やXbox Series S、Xbox One、Nintendo Switch、Steam、iOS、Androidといった多様なプラットフォームでの配信が予定されており、『遊戯王』のデジタルゲームとしては初めて4K映像に対応。

ゲーム中には「封印されしエクゾディア」や「青眼の白龍」「ブラック・マジシャン」などのシリーズを代表するカードを含め10,000を超えるカードが収録されます。

さらに、本作では世界を対象に様々なレギュレーションでの大会が予定されており、世界一の決闘者(デュエリスト)を決める「Yu-Gi-Oh! World Championship」の正式種目としても採用される予定です。
Yu-Gi-Oh! MASTER DUEL / Japanese
1
2

こんな記事も読まれています

7
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ