100

【動画】大船発のヒップホップクルーLibeRty Doggsの正体「日本に金と平和を」

POPなポイントを3行で

  • 大船発ヒップホップクルーLibeRty Doggsに密着
  • 地元・大船と江ノ島でのパーティに潜入
  • 彼らの出会い、ルーツ、そして野望とは
密着の全容はこちら
LibeRtyは、戦って勝ち取った自由って意味で

神奈川・大船発のヒップホップクルー「LibeRty Doggs」。

活動開始からわずか一年足らずで、大きく活動の領域を広げ、その名を全国区にしつつある。

ヒップホップ好きの耳目を集めているLibeRty Doggsだが、そのルーツは謎に包まれている。

果たして、代表曲『柄悪いけど』で歌われている通りなのか?
LibeRty Doggs / 柄悪いけど
その素顔を知るため、LibeRty Doggsが主催する江ノ島・OPPA-LAでのパーティ、そして彼らを生んだ大船で密着取材を行なった。

目次

LibeRty Dogg結成前夜

右からwillone、babe bonito、OZZa、Normar、Cannabi$

2020年に結成されたLibeRty Doggs。

下は21歳から、上は28歳まで。同年代のヒップホップクルーが多い中、彼らは年齢のレンジが広い。

それは、大船という土地柄が大きく影響しているという。

いわゆる観光スポットである鎌倉の中心地からは遠く、横浜市と隣接した地である大船には、スナックや飲み屋がひしめいている。コロナ禍で今は鳴りを潜めているが、その一軒一軒が近隣の地元客で賑わってきた。

海からの爽やかな風が吹き抜ける気持ちの良い街でもあり、朝になれば泥酔した人間が道端に転がっている奔放な側面もある。

そんな大船を活動拠点にしてきたメンバーそれぞれは、中高の先輩後輩だったり、友達の友達だったり、LibeRty Doggsではない別のクルーのメンバー同士だったり。

クルーの発起人であるCannabi$さんも、地元の先輩を通してヒップホップカルチャーを知った。DliP RECORDSの「BLAQLIST」というイベントに衝撃を受けて、帰り道にリリックを書き始めたのが始まりだった。

Cannabi$

ラッパーとして歩み始めたCannabi$さんは、後輩であるOZZaさんにもラップを勧める。

OZZa

最初は遊び程度の気持ちだったOZZaさんも、Cannabi$さんのステージを見て次第にラップに傾倒していった。

そのOZZaさんの「一個下の野球部の後輩」が、Normarさんだ。野球部時代から「イカれてた」らしい。

Normar

繋がった3人が、同じクルーとして活動を開始する。その時期に制作されたのが「BPM88」だ。
LibeRty Doggs/BPM88
この「BPM88」を目の前で披露されて心を掴まれたのが、当時は2人で活動していたbabe bonitoさんとwilloneさんだ。

willoneとbabe bonito

高校生の頃からラップをやっていたクルーが解散したため、2人だけで活動していたところ、Cannabi$さんから声をかけられた。

大船の名物公園で、それぞれ目の前で自分のためだけに生ライブを披露され、その音楽性とパフォーマンスに圧倒された。

このクルーしかない」と感じた2人はLibeRty Doggsに即加入、現在のMC5人体制となる。

ライブを行った岩瀬下関防災公園。地元では「マンモス広場」と呼ばれる

willoneさんはその覚悟と決意の表れとして、誰にも話さず、両腕に「LibeRty Doggs」の文字を彫ってきて周囲を驚かせた。

同時に、それを目にしたメンバーの士気が上がらないわけがなかった。

両腕の「LibeRty Doggs」のタトゥー

しかし、実はLibeRty Doggsは、この5人のMCだけではない

LibeRty DoggsのバックDJで映像ディレクターもつとめるRyusukeさんをはじめ、カメラマンやグラフィックデザイナー、アパレルデザイナーらも在籍している。

いつの間にか、みんないたみたいな感じですね」(Cannabi$)

LibeRty Doggsは、現在総勢30人以上が在籍するクリエイター集団だった。

メンバーに決まり事はない。メンバーの条件もない。

地元・大船で、面白いやつが、なにかをつくるのが好きなやつが、続々とLibeRty Doggsのもとに結集している。

レペゼンは神奈川の大船

神奈川県・大船を巡り歩く。

そのひとつ一つが、今も自分たちが拠点にする大切な場所だ。

かつてはこの道路に車やソファが並び、不良たちがたむろしていた

大船のソウルフード「石狩亭」 昼食は満場一致で

ケバブ屋「ZAZA KEBAB」では、メンバーを見かけるや陽気なスタッフが『柄悪いけど』を流して踊り始めた

「ASOBI BAR 凄虎」 鳴らすと店にいる全員にテキーラを奢るという恐ろしい「ベル制度」

大船は、「ロックとレゲエのイメージが自分は強いです」とbabe bonitoさんは語る。

LibeRty Doggsがパーティを行なっている、老舗の名店クラブ・OPPA-LAも、普段はダンスミュージックやバンドセット系のイベントなどが多く、その音楽性は多様だ。

クルーもよく遊びに行く「OPPA-LA」 babe bonitoさんは従業員でもある

LibeRty Doggsの音楽には、大船やOPPA-LAといった場所に流れる豊かな音楽性が流れ込んでいる。
0→420/LibeRty Doggs

LibeRty Doggが大船から世界を平和に

それぞれのキャリアは必ずしも短くはないが、LibeRty Doggsとしては結成からわずか一年。

先輩ラッパーからのフックアップもあり、ヒップホップシーンでのプロップスは上り調子だ。

4月には、日比谷野音で開催された『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0 presents 日本語ラップ紹介ライブ in日比谷野音』に出演。

乗りに乗っているCreepy Nuts、キング・オブ・ステージことRHYMESTER、言わずと知れた般若。そこに名を連ねたのがLibeRty Doggsだった。

ここからが始まり」「ケツに火が点いた状態」と、自分たちを取り巻く現状を形容するメンバーたち。

その野望の一つは、「日本にバブルを起こして貧富の差を埋める」ことだとNormarさんはぶち上げる。

自分たちの音楽が、誰かに影響して、その誰かが誰かに影響して、LibeRty Doggsが大事にするピースな思想を広めていくことで、そんな世界を実現させたい。

人生長いんで。叶うっすかね?」(Normar)
ETHCPOI / LibeRty Doggs
他のメンバーは「ヤベー!」と囃し立てながら、誰もその大きな野望を否定しない。

Normarさんが本気で言っているということを、メンバーは誰よりもよく知っているからだ。 LibeRty Doggsと過ごしてわかったことは、彼らがとことんピースであるということだ。

良く遊び、良く飲み、良く吸い、良い音楽をつくるLibeRty Doggが、大船からヒップホップとピースを届ける
のべ2日間に渡った密着取材の全容は、動画本編でご覧いただきたい。
【FULL】LibeRty Doggs密着映像を見る

メンバーのサイン入りCDプレゼント

ライブ会場や公式オンラインショップでしか販売されていない1stアルバム『LibeRty City StoRies』に、メンバーのサインを入れたものを、2名の方にプレゼント。

応募方法をご確認の上、ふるってご応募下さい。

【応募要項】
1.KAI-YOU.netのTwitter(@kai_you_ed)をフォロー
2.以下のツイートをリツイート

【応募期限】
2021年6月14日(月)23時59分まで

【応募条件】
・日本国内に在住の方
・KAI-YOU.netのTwitterをフォローしている方
・TwitterのDM(ダイレクトメッセージ)を受信可能な方

【当選発表】
ご応募いただいた方の中から抽選し、当選者を2名決定します。
当選者のみ、TwitterのDMにてお知らせいたします。

※都合により当選通知のご連絡が遅れる場合がございます。あらかじめご了承ください
※都合によりプレゼントの発送が遅れる場合がございます。あらかじめご了承ください
※住所の不備や転居先不明・長期不在などによりプレゼントをお届けできない場合は、当選は無効になります
※本キャンペーンの当選権利を他者に譲渡することはできません
※ご連絡後、一定期間お返事が確認できない場合は、当選の権利を無効とさせていただきます。
※発送は当選お知らせ以降、順次対応させていただきます。

ストリートに生きる彼ら

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

99
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ