20

レトロでポップなデザイナー 田中秀幸、自身初となる新作中心の作品展

レトロでポップなデザイナー 田中秀幸、自身初となる新作中心の作品展

POPなポイントを3行で

  • 田中秀幸の個展「1998 Hideyuki Tanaka Exhibition 2020」
  • 自身初となる新作中心の作品展
  • 限定オリジナルグッズ販売やトークイベントも
日本を代表するグラフィックデザイナー・田中秀幸さんの個展「1998 Hideyuki Tanaka Exhibition 2020」が、10月10日(土)から25日(日)まで開催される。

90年代に個性的なグラフィックで注目を集め、現在も活躍中の田中秀幸さんだが、新作中心の作品展は今回が初めて。

1998年頃の未発表作品をもとにした新作イラストや、1998年から現在までに手がけたアイテムの現物が展示される。

場所は、渋谷フクラス(東急プラザ渋谷併設)1階・観光支援施設「shibuya-san」。

数々のTV番組やMVなどを手がけるデザイナー・田中秀幸

90年代のストリートを代表するブランド・SUPERLOVERSや、電気グルーヴ、JUDY AND MARYなど当時を代表するミュージシャンのグラフィックデザインを担当するグラフィックデザイナーの田中秀幸さん。

TVアニメシリーズ「OH!スーパーミルクチャン」や、ダンスゲーム「BUST A MOVE」、ビデオクリップ「慎吾ママのオハロック」、TV番組「ココリコミラクルタイプ」などジャンルを超えた幅広いアートディレクション、キャラクターデザインを手がけている。

最近ではきゃりーぱみゅぱみゅさんやDAOKOGENERATIONSなどのMVを担当するなど、今なおポップで人々を魅了する作品を制作。

個展では田中さんの新作のデザインをあしらったグッズも販売。特にコースター付きのオリジナルドリンクは会場限定・数量限定販売なので、お求めの方はお早めに。 また、10月15日(木)19時30分からは、LINE LIVEで視聴可能の田中秀幸さんによるトークイベントも予定される。

トークのゲストには平成前半ごろの文化を「平成レトロ」として研究している平成文化研究家・山下メロさんが登場する。

ポップなアートに浸りたい

こんな記事も読まれています

イベント情報

shibuya-san LIVE and online/田中秀幸×山下メロ トークライブ

会場 shibuya-san tourist information & art center
参加料 無料
定員 15名(事前予約制)/YouTube LIVEにより同時配信

関連情報をもっと読む

関連キーフレーズ

10
8
2
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ