J.J.エイブラムス×中田ヤスタカ×きゃりー トレーラー公開!

J.J.エイブラムス×中田ヤスタカ×きゃりー トレーラー公開!
J.J.エイブラムス×中田ヤスタカ×きゃりー トレーラー公開!

左上から時計回りに、中田ヤスタカさん、J.J.エイブラムスさん、きゃりーぱみゅぱみゅさん

2013年8月23日(金)公開の映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』の監督を務めるハリウッドを代表する大ヒットメーカー・J.J.エイブラムスさんと、今や日本の音楽シーンに欠かせない存在となっている中田ヤスタカさんが共同でプロデュースした本編挿入楽曲「into Darkness」のミュージック・トレーラーが解禁された。歌は、日本に留まらず世界のポップシーンを席巻するきゃりーぱみゅぱみゅさんが担当する。
今回共同プロデュースした本楽曲は、映画『スタートレック イントゥ・ダークネス』本編の未来のクラブシーンで使用される。それにちなんでか、公開されたミュージック・トレーラーでは、渋谷のクラブシーンが織り込まれている。スタートレックの壮大な本編映像と中田ヤスタカさんの最先端のエレクトロニック音が絶妙に重なり合うことで、まるで宇宙にいるような近未来な雰囲気が感じられる。映像演出は、世界的な評価を獲得して­いる映像ユニット・TAKCOMさんが担当。

また、本楽曲には青文学系を代表するモデル・歌手としても大活躍のきゃりーぱみゅぱみゅさんも参加しており、ミュージック・トレーラーではそのレコーディング風景が垣間見える。中田ヤスタカさんが作詞した謎めいた歌詞を、きゃりーぱみゅぱみゅさんが歌い上げる夢のコラボレーション。映画本編内でどのように映し出されるかは分からないが、今は、ミュージック・トレーラーを見て想像を膨らませよう。

中田ヤスタカさんは音楽ユニット・capsuleでのアーティスト活動の傍ら、きゃりーぱみゅぱみゅさんや、テクノポップユニットPerfumeなどのプロデュースを手がけていることで有名だ。それ以外にも、ドラマ・映画化もされた『LIAR GAME(ライアーゲーム)』のサウンドトラックや、劇場版『ONE PIECE FILM Z』のオープニングテーマを手がけるなど、各方面で大活躍している。

映画『スタートレック イントゥ・ダークネス』は、映画『スタートレック』の12作目であり、2009年に公開されたリブート(初めから仕切り直すこと)版『スタートレック』の続編となっている。監督を務めるJ.J.エイブラムスさんは、前作に引き続いての起用となる。J.J.エイブラムスさんは、2008年に制作した、巨大な怪獣に襲われた大都会の人々がパニックを起こし逃げ惑う姿をドキュメンタリーで映し出した映画『クローバーフィールド/HAKAISHA』が、低い製作費にも関わらず大ヒットを飛ばし、日本でも興行収入が12億円を超える好成績を残し、話題となった。

そんな、日本とアメリカの最先端を走る両者がコラボレーションを果たした楽曲「into Darkness」は、7月10日(水)からiTunesで配信が始まっている。映画の公開は8月23日(金)ともう少し先になるので、ミュージック・トレーラーを見て気になった方、最先端の音楽を感じたい方は是非、iTunesでダウンロードしよう。

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

音楽・映像の週間ランキング

音楽・映像の画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ