小宮麻吏奈 個展「-ATCG」 人類の「生殖」の歴史を根源的に捉え直す

  • 0
小宮麻吏奈 個展「-ATCG」 人類の「生殖」の歴史を根源的に捉え直す
小宮麻吏奈 個展「-ATCG」 人類の「生殖」の歴史を根源的に捉え直す

POPなポイントを3行で

  • 小宮麻吏奈の個展「-ATCG」が開催
  • 阿佐ヶ谷TAV GALLERYで11月23日から
  • 「性交」という生殖方法から対峙した新たな試み
小宮麻吏奈さんの個展「-ATCG」(マイナスエーティーシージー)が東京・阿佐ヶ谷TAV GALLERYで、11月23日(金)から12月9日(日)にかけて開催される。

本展では、人類が「性交」という1種類の生殖方法によってがつながれてきたという視点から対峙し、それ以外の人たちを掘り起こす試みを行う。

新しい生殖方法を模索するアーティスト

1992年生まれアトランタ出身のアーティスト・小宮麻吏奈さん。

自身の身体を起点とし、新しい生殖/繁殖の方法を模索している。

近年の主な展示・プロジェクトに、パフォーマンス「window」(カタール, Safir Doha Hotel 311))や、花屋の経営をする「小宮花店」(2016〜2017)、オルタナティブスペース「野方の空白」(2016〜2018)のなど場所を運営する活動で注目を集めてきた。

現在も、東京の一角にある更地──家のない庭にて、場所の制作を続けている

時代を超えた新たな思考

「-ATCG」では、小宮さんの活動の地図の一つとして「LGBT」といった言葉で称される人間の「性」を根源的に捉えなおす事象に対して、人類の歴史は男女による「性交」という1種類の生殖方法のみによってがつながれてきたという視点から対峙。

ステートメントに記された「生殖難民」という言葉が指し示すように、生殖/繁殖という行為によって続いてきた人類の歴史からこぼれ落ちる人々、つまりは、ヒトのDNAの連鎖に中に見つけることのできない者たちを「失われた信仰」という形で掘り起こすことが試みられる。

時代というスケールを超えて、小宮麻吏奈さんが提示する新たな思考の枠組に注目したい。

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る

イラスト・アートの週間ランキング

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ