劇場版『ポケットモンスター キミにきめた!』 原点回帰とホウオウの謎

画像は映画『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』公式サイトのスクリーンショット

「ポケットモンスター」シリーズの新作として、『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』が2017年7月15日(土)に公開されることが明らかになった。

解禁された30秒の特報には、サトシピカチュウ以外は登場せず、ストーリーや物語の背景についてほとんど語られていないが、タイトルやキービジュアル含め、原点回帰を思わせる内容となっている。

新作は、11月に発売された新作ゲーム『ポケットモンスター サン・ムーン』を舞台にした内容になるものだと予想されていたため、この発表には多くのポケモンファンが驚いている。

『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』は、初代アニメ版への原点回帰か?

特報は、テレビ東京系で放送されているバラエティ番組「おはスタ」にて世界初公開され、現在はポケモン公式YouTubeチャンネルでも観ることができる。 サトシとピカチュウが登場。ナレーションでは「まだ見ぬ世界 まだ見ぬ仲間 新たな旅がはじまる」と語られ、テロップでは「キミだけの冒険 準備はいいか?」という煽り文句も。

タイトルにもなっている「キミにきめた!」というフレーズは、初代TVアニメ『ポケットモンスター』第1話、ゲーム版で最初に選ぶフシギダネ・ヒトカゲ・ゼニガメではなく、アニメ版で主人公・サトシの相棒となるピカチュウとの出会いが描かれた名作回の副題「ポケモン!きみにきめた!」にも符合している。

以降、「キミにきめた!」はアニメ版ポケットモンスターを象徴するキャッチフレーズとして広く知られ、この点からも、今作が初代アニメ版に基づいた内容となるのではないかと推測できる。

監督は、TVアニメ初代から最新作『ポケットモンスター サン&ムーン』シリーズに至るまで、総監督をつとめている湯山邦彦さん。

伝説のポケモン「ホウオウ」が登場?

また、『ポケットモンスター』シリーズのアートディレクター・杉森建さんのラフ原案をもとに作画されたというキービジュアルも公開された。

こちらでは、サトシとピカチュウのほかにホウオウの姿が確認できる。 ホウオウは、1999年に発売されたゲーム『ポケットモンスター 金』でパッケージデザインにも採用された伝説のポケモン。また、初代アニメ版第1話のラストシーンに登場し、アニメ版『ポケットモンスター』における大きな伏線として、未だに語り継がれている存在だ。

『ポケットモンスター サン・ムーン』でも既存ポケモンの変異体である「アローラのすがた」が話題になっている中、またもや大人世代にとって懐かしいポケモンがフィーチャーされることとなった。

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

作品情報

『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』

上映
2017年7月15日(土)
原案
田尻智
監督
湯山邦彦
製作
ピカチュウプロジェクト

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

アニメ・漫画の週間ランキング

アニメ・漫画の画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ