15

「機械化 復刻グラフィック展」SF絵師のパイオニア 小松崎茂の力作再び

「機械化 復刻グラフィック展」SF絵師のパイオニア 小松崎茂の力作再び

画像は『機械化 小松崎茂の超兵器図解』表紙

9月10日(土)から10月2日(日)まで、東京・阿佐ヶ谷アニメストリート内の「キャラクター・ベース」にて「機械化 復刻グラフィック展」が開催される。

本展では、1940年に創刊された少年向け国防科学雑誌『機械化』のパネル展示や資料ファイルが公開されるほか、『機械化 小松崎茂の超兵器図解』の販売も予定。

2014年に東京・大阪で開催された「機械化グラフィック展」以来、約2年ぶりの開催となる。

『機械化』の生みの親であるSF絵師・小松崎茂

『機械化 小松崎茂の超兵器図解』 書籍
『機械化』の考案・図版を担当した小松崎茂さんは、少年誌の絵物語や表紙、プラモの箱絵で、SF空想メカや戦車、軍艦、『サンダーバード』や『ウルトラセブン』なども描き、ボックスアートの世界を確立したイラストレーターとして知られている。

東宝映画『地球防衛軍』(1957)や『海底軍艦』(1963)では超兵器メカデザインも担当し、石ノ森章太郎さん、松本零士さん、藤子不二雄さんといったSF漫画家の作品にも大きな影響を与えた。

こんな記事も読まれています

イベント情報

小松崎茂 幻の超兵器図解 復刻グラフィック展

会期
2016年9月10日(土)~10月2日(日)
開場時間
午後1時~午後7時
入場料
無料
会場
キャラクター・ベース
住所
東京都杉並区阿佐谷南2丁目40-1 阿佐ヶ谷アニメストリート内

関連キーフレーズ

5
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ