14

『こち亀』連載40周年記念展 両さんたちの活躍や名場面を立体展示

『こち亀』連載40周年記念展 両さんたちの活躍や名場面を立体展示

「こち亀展」ビジュアル/(C)秋本治・アトリエびーだま/集英社

週刊少年ジャンプ』で連載中の漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の連載40周年を記念した「こち亀展」が、9月14日(水)から26日(月)にかけて、東京・中央区にある日本橋髙島屋にて開催される。

原作者・秋本治さん監修のもと、40年間の連載で描かれた3万枚以上から厳選された原画のほか、立体造形物や映像などの展示、オリジナルグッズの販売が行われる。

2016年秋で連載40周年を迎える「こち亀」

(C)秋本治・アトリエびーだま/集英社

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(通称:「こち亀」)は、『週刊少年ジャンプ』にて連載中の秋本治さんによるギャグ漫画。亀有公園前派出所に勤務する主人公・両津勘吉とその同僚を中心としたドタバタコメディが描かれる。

1976年の連載スタート以来、現在に至るまで1度の休載もなく連載が続けられており、これまでに発売された単行本全199巻の日本国内累計発行部数は1億4,000万部以上を記録。

アニメやドラマ、舞台やゲームといったメディアミックス展開も行われてきた国民的人気作品であり、2016年秋で連載40周年を迎える。さらに、8年ぶりとなる新作アニメの制作も発表され話題を集めている。

「こち亀展」作品の世界観をさまざまな形で空間表現

「こち亀展」ビジュアル/(C)秋本治・アトリエびーだま/集英社

「こち亀展」では、作中で取り上げられてきた東京の祭りなどを特集した「突入!!こち亀衝撃ワールドの巻」や、感動的な人情エピソードを紹介する「人情話"神回"セレクションの巻」といったコーナーを展開。

両さんたちおなじみのキャラクターと撮影ができるフォトスポットのほか、スペース中央には、単行本第71巻に収録されている「勝鬨橋ひらけ!の巻」の舞台となった「勝鬨橋」の模型が展示される。

会場の空間を活用し、さまざまな形で表現された「こち亀」の世界観や秋本治さんの多彩なアイデアを間近に体感することができる展示となっている。

こんな記事も読まれています

イベント情報

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』連載40周年記念「こち亀展」

日時
2016年9月14日~9月26日
会場
日本橋髙島屋 8階ホール
入場料
一般800円 / 大学・高校生600円 / 中学生以下無料
主催
こち亀展実行委員会(読売新聞社、集英社)
原作
秋本治 企画協力:週刊少年ジャンプ編集部 展示協力:大日本印刷

関連キーフレーズ

3
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ