押井監督が暴力や性描写を解禁 実写サスペンス映画『東京無国籍少女』

押井監督が暴力や性描写を解禁 実写サスペンス映画『東京無国籍少女』
押井監督が暴力や性描写を解禁 実写サスペンス映画『東京無国籍少女』

『東京無国籍少女』(C)2015東映ビデオ

アニメ『うる星やつら』や『攻殻機動隊』はじめ、世界的に支持を得ている押井守監督の映画『東京無国籍少女』が、7月25日(土)より新宿バルト9ほか全国の映画館で順次公開される。

冷たい熱帯魚』や『ヒミズ』を手がけた鬼才・園子温監督の映画『TOKYO TRIBE』でヒロインに抜擢された清野菜名さんが、自身初主演をつとめる。

押井監督がこれまで避けてきた直接的な暴力や性的な描写を解禁、傷ついた心を抱える女子高生の憂鬱な日々を題材に、衝撃の展開をむかえる作品になっているという。

「東京無国籍少女」本予告

表情で感情を表現する注目女優

画像は株式会社ステッカーより

『東京無国籍少女』は、もともとは「ハードボイルドヨコハマ アクションムービーコンペティション2012」で審査員長をつとめた押井監督から絶賛され、審査員特別賞を受賞した山岸謙太郎さんの同名作品が原案。当時から押井監督がリメイクすると宣言していたが、今回、ついにそれが実現した形だ。

アニメ作品などで国内外から高い評価を受けている押井守監督だが、今作では、「アニメの専売特許を実写でも可能だと信じて制作した」と語り、最低限のコンピューターアニメーションで、役者の身体表現を最大限に活かして制作されている。

主役を演じる清野菜名さんは、園子温監督も認める、本格的なアクションを交えた堂々とした演技が魅力の気鋭女優。押井監督は圧倒的なポテンシャルを感じ、主役に抜擢したという。

劇中で心に傷を抱えた少女を演じた清野さんは、台詞は最低限に絞られ、表情で表現する難しい役どころながら、押井監督も「ときおり放つ冴えた殺気が魅力的」と語る好演を披露している。

押井監督が実写で描く、誰にも予想のできない衝撃的な展開と、清野さんの凄まじい演技に注目だ。
【次のページ】押井監督、清野菜名のコメント全文
1
2

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

音楽・映像の週間ランキング

音楽・映像の画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ