11

出水ぽすか『デューン 砂の惑星』にイラスト提供 監督も「美しい贈り物」

出水ぽすか『デューン 砂の惑星』にイラスト提供 監督も「美しい贈り物」

『DUNE/デューン 砂の惑星』出水ぽすかさん描き下ろしイラスト

POPなポイントを3行で

  • 伝説のSF小説を映画化『DUNE/デューン 砂の惑星』
  • 出水ぽすか描き下ろしイラスト
  • 小さな家族の息づかいを感じる物語
ドゥニ・ヴィルヌーヴさんが監督をつとめる最新作『DUNE/デューン 砂の惑星』の公開を目前に控え、『約束のネバーランド』などで知られる漫画家・出水ぽすかさんが描き下ろし特別イラストを提供した。

同作は、IMAX社の全面協力のもと、クリエイターが意図したクオリティの映像と音響そのままに劇場で作品を楽しめる「Filmed For IMAX®」に世界で初めて認定。

またヴェネチア国際映画祭、トロント国際映画祭で「映画館でしか味わうことのできない"映画の力"を再提示した作品だ」と評され、9月28日時点で、すでに公開されている24の国と地域で初登場1位を獲得している注目作品だ。

日本では、10月15日(金)に公開される。

【画像】『DUNE/デューン 砂の惑星』美しい場面カット

砂の惑星を巡る壮絶な戦いの物語

『DUNE/デューン 砂の惑星』

『DUNE/デューン 砂の惑星』は『メッセージ』や『ブレードランナー 2049』などで監督をつとめてきたドゥニ・ヴィルヌーヴさんの最新作。

原作となるフランク・ハーバートさんによる同名のSF小説シリーズ「デューン」はSF界の金字塔として知られており、過去にもデヴィッド・リンチさんによって実写映画が製作されている。

「未来が視える」能力を持つ青年・ポール・アトレイデス砂の惑星・デューンへと移住したことを機に、アトレイデス家と宇宙支配を狙う宿敵ハルコンネン家の戦いが勃発する。

2021年版では、主人公のポール・アトレイデス役には、『君の名前で僕を呼んで』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたティモシー・シャラメさんが抜擢された。
映画『DUNE/デューン 砂の惑星』日本版本予告

ヴィルヌーヴ監督も絶賛の特別イラスト

今回、『DUNE/デューン 砂の惑星』に描き下ろしのイラストを寄せた出水ぽすかさんは同作について「緊迫感あるシーンの連続で息つく暇がありませんでした。異星での文化の違いが生活の端々で不気味に映り、壮大な砂漠の中にも小さな家族の息づかいを感じる物語です」とコメント。

イラストを受け取ったドゥニ・ヴィルヌーヴさんは「他のアーティストが(自分の作品の)「画」から何かを感じ、自分の作品に落としてくれているというのは、僕にとってもとても感動的なことです。」と喜びのコメントを発表した。

ドゥニ・ヴィルヌーヴさんコメント全文
「とても感動しています。キャラクターと映画の精神/スピリットを大切にしつつ、自分のものにしてくれているのが見てわかりますから。重力の使い方や、ドローイングの力学に何か特別なものを感じますし、非常に美しいなと思います。とても詩的ですし。他のアーティストが(自分の作品の)「画」から何かを感じ、自分の作品に落としてくれているというのは、僕にとってもとても感動的なことです。美しい贈り物だと感じます」

日本を代表するクリエイターからもコメント続々

また、『シン・ゴジラ』を手がけた樋口真嗣さんをはじめ、日本の映画監督およびクリエイターからも同作へのコメントが寄せられている。

樋口真嗣さん(『シン・ゴジラ』監督)

やっと時代が、表現が追いつき、そして更なる高みへ飛びたつ。

削ぎ落とされ、鋭利な刃物のように聳え立つ美学。

そこで翻弄される高潔な意思と尽きない欲望。

まさかSFでここまで美しく脆く悲しく、そして抗えない運命を謳いあげる時が来ようとは。2020年代を背負うであろうこの映画を大画面で観ない理由は、もはや何もないのだ。

山崎 貴さん(「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ監督)

本物のDUNEがそこにはあった。僕は2時間半、確かにアラキスに立っていた。そして、その歴史的な瞬間を目撃した。

神山健治さん(「攻殻機動隊 S.A.C.」シリーズ・『攻殻機動隊 SAC_2045』監督)

映像が持つ"説得力"が、SF映画ということを忘れさせる。我々は間違いなくデューンに連れて行かれる。

荒牧伸志さん(『APPLESEED』・『攻殻機動隊 SAC_2045』監督)

期待通りな骨太さ、いや、それ以上の語り口でドゥニ監督はこの壮大な物語に対して、真正面から取り組み、DUNEの世界の魅力を全て描き出そうとしている。

映画の冒頭からその監督の意気込みが感じられて、見ている間も終わった後も、幸せな時間は続いていく。必見。オーニソプターに乗りたい。

石川慶さん(映画監督)

映画館でこんなに原始的な興奮を覚えたのはいつ以来だろう。

SF映画史を、以前・以後に切り裂いてしまうくらい鮮烈なインパクトを持つ作品だ。

まさに、新しい神話の誕生に立ち会っている、そんな映画体験。

ヒグチユウコさん(画家)

豪華なキャストと素晴らしい衣装。砂の惑星の厳しさと相反するなんとも言えない美しさ。

そして私の大好きな巨大な砂虫!あの背中に乗って砂漠を走り回りたいです。

佐藤大さん(脚本家)

様々な作品に影響を与えてきた伝説的SFファンタジーが画も物語も最高解像度で再構築された得難い体験。

原作との答え合わせやリンチ版との比較、ホドロフスキー企画への目配せ等を超えた新たな叙事詩の開幕を心から賞賛。

知らない人こそ繊細に描かれるポールの冒険のはじまりが楽しめるかも。先入観なくしてもう一度観ます。

牧眞司(SF研究家・文芸評論家)さん

畏怖のかたまりのような宇宙船、異様意匠の建造物、そして圧倒的量感のサンドワーム。息を呑むばかりのイメージは、たんなる映像的外連ではなく、主人公ポール・アトレイデスを、そしてすべての存在を巻きこんでいく、壮絶な運命論を象徴している。震撼すべきSF映画。

前田真宏さん(アニメーション監督)

その人を待っていた。

美しき古典が 鮮やかに
美しいイメージとして焼き付けられた。

古い、新しいではない。
技術の優劣でもない。

新しい古典の誕生に立ち会って欲しい。
目覚めの時を待ちながら
その世界に出逢って欲しい。

ヴィルヌーヴさん、ありがとう。あなたで本当に良かった。

柴山智隆さん(アニメーション監督)

圧倒的な没入感。

全方位を砂に覆われ、一瞬足元まで砂に埋まったような感覚に襲われて座席の下を覗いてしまった。

香料メランジを含む砂は美しくも死を予感させ、死の中で輝きを増していくティモシー・シャラメ演じるポールに導かれるような映像体験。

劇場でこそ観ていただきたい作品です。

©2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

公開が待ち遠しい映画

こんな記事も読まれています

作品情報

『DUNE/デューン 砂の惑星』

公開日
2021年10月15日(金)より全国公開
監督
ドゥニ・ヴィルヌーヴ
脚本
エリック・ロス ジョン・スペイツ、ドゥニ・ヴィルヌーヴ 
原作
『デューン/砂の惑星』フランク・ハーバート著(ハヤカワ文庫刊)
配給
ワーナー・ブラザース映画

関連キーフレーズ

9
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ