49

物理的にも物欲的にもぶっ刺さり! 死神気分になれる多関節フィンガー

POPなポイントを3行で

  • 刺さる人には物理的にも物欲的にもぶっ刺さりそう
  • 制作者はオーストラリア在住のクリエイター・Gary Fay
  • Lady Gagaが最新のアルバム『Chromatica』のジャケットに使用
物理的にも物欲的にもぶっ刺さり! 死神気分になれる多関節フィンガー

画像はすべてWebサイト「GARY FAY CREATIONS」から

  • 11 images

刺さる人には物理的にも物欲的にもぶっ刺さりそうなアイテム「Articulated Fingers」がこちらになります。

多関節フィンガーとでも訳せばいいでしょうか。

3つ以上の関節を有した特徴のある指をデザインしたアイテムで、手にはめるとあら不思議、悪魔や死神にでもなった気分。

指の動きにあわせて関節を自由に動かすことができます。

数年の試行錯誤の末に完成

制作者はオーストラリア在住のGary Fayさん。

アイデアを思いついた当初は、アイスキャンディーの棒とフェンスの針金で試行錯誤していたようで、数年間は理想に近づけず苦労したとか。

それも3Dプリンターの普及で解決。理想の造形を、実用性をともなった形で実現できたとのことです。

Lady Gaga最新アルバムのジャケットに採用

この多関節フィンガーは量産品ではなく、一つ一つ組み立てているそうです。

そのため現在の待ち時間は5ヶ月。よく見ると細かい意匠が施されており、職人技の片鱗が感じ取れます。 このこだわりが共感を呼んだのか、Lady Gagaさんがこの多関節フィンガーに注目。

日本では5月末にリリースされたばかりのアルバム『Chromatica』のジャケット写真に、多関節フィンガーを手につけたLady Gagaさんが写っています。

またこれがきっかけになって、Gary Fayさんはファッション誌『VOGUE』の取材を受けており、そこでLady Gagaさんのスタイリスト・Marta del Rioさんを通して声をかけられ、『Chromatica』のジャケット撮影などに参加したと明かしています(外部リンク)。

色、大きさも選べて種類も多数

Lady Gagaさんをはじめ、映画の制作関係者や、お化け屋敷のスタッフ、特殊効果を専門にするアーティストなど、多くの人に求められているGary Fayさんの作品。

色、大きさ、ディティールが選べて、基本価格15,000円ほどから買えるようなので、興味のある人はカタログをのぞいてみてはいかがでしょうか(外部リンク)。

アイデアの勝利

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「GARY FAY CREATIONS」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 44

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ