本好き必見 内沼晋太郎 著『これからの本屋読本』が全文無料公開

本好き必見 内沼晋太郎 著『これからの本屋読本』が全文無料公開
本好き必見 内沼晋太郎 著『これからの本屋読本』が全文無料公開

『これからの本屋読本』/画像はAmazonより

POPなポイントを3行で

  • 内沼晋太郎の著書『これからの本屋読本』が無料公開
  • 下北沢「本屋B&B」などを手掛けるブックコーディネーター
  • 15年間、本に関わり続けて提案する"小さな本屋像"
東京・下北沢にある「本屋B&B」などを経営する、ブックコーディネーター・内沼晋太郎さんの著書『これからの本屋読本』が、ブログサイト「note」で全文無料公開されることとなった。現在3章までが無料公開されている(外部リンク)。(11月5日執筆時点)

15年間、本に関わり続けて提案する"小さな本屋像"

内沼さんは、クリエイティブチーム「NUMABOOKS」の代表として「本屋B&B」を経営するほか、ネット古書店・バリューブックスの社外取締役や八戸ブックセンター、神保町ブックセンターのアドバイザーをつとめている。

また「本のある生活」を楽しむためのブランド「BIBLIOPHILIC」なども展開し、ブックコーディネーターとして行政から企業まで、数々の本棚を手がけてきた。

昔ながらの本屋が苦境に立たされている現状を背景に、内沼さんが提案する“小さな本屋像”について書かれた『これからの本屋読本』。15年にわたって本や本屋に関わってきた内沼さんが、3年をかけて執筆した著書になる。

実践的なアドバイスの詰まった別冊「本の仕入れ方大全」はじめ、必ずしも本屋経営で生計を立てない方法など、網羅性と実用性が重視されている。

『これからの本屋読本』(NHK出版)の本文を、すべて無料で公開します。ぜひコピペしてSNSやブログ等で引用したり、議論の土台にしたりしてください。これからの本屋が盛り上がっていくきっかけに、少しでもなれば幸いです。もし気に入ってくださったら、紙版や電子書籍版をお買い求めいただけれたらうれしいです。 内沼晋太郎さんのnoteより

出版業界の衰退が叫ばれて久しいが、近年店主やオーナーの個性が出たユニークな本屋が増えている。

デジタルの本を愛せる人、その最先端に身を置ける人であれば、未知なる可能性が広がっているそちらの道に、果敢に進んでいくほうが面白いかもしれない。<中略>変化が大きな時代だからこそ、紙の本を扱う小さな本屋をはじめるには、いまは面白いタイミングだといえる。 『これからの本屋読本』第3章より

内沼さんが『これからの本屋読本』の中で述べているように、本の業界に限らず、変化の大きい現在こそチャンスが眠っているともいえる。

本作のnoteでの無料公開も、そんな内沼さんの考えが表れた一例となっているのではないだろうか。

本の可能性をみる

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

本・文芸の週間ランキング

本・文芸の画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ