15

POPなポイントを3行で

  • 第5回東京マスクフェスティバルが開催
  • 日本最大級のマスク・仮面展示即売会だ
  • 全国からマスク作家やマスク好きが集う
日本最大級のマスク祭 着ぐるみ、ヘルメット、甲冑も被りまくれる

「TOKYO MASK FESTIVAL」vol.5

日本最大級のマスク・仮面展示即売会「TOKYO MASK FESTIVAL」が、3月24日(土)に東京芸術センターホワイトスタジオにて開催される。

5回目の開催となる本イベント。会場には全国各地から、マスク、仮面、かぶりものの作家やマスク好きが集い、展示や販売を行う。

「TOKYO MASK FESTIVAL」とは?

TOKYO MASK FESTIVAL」(東京マスクフェスティバル)は、マスク、仮面、覆面、かぶりものなどに心惹かれてやまないマスク好きによるマスク好きのための祭典。
「第3回TOKYO  MASK FESTIVAL」/画像は公式サイトより

「第3回TOKYO MASK FESTIVAL」/画像は公式サイトより

マスクや仮面のほかにも、フード、着ぐるみ、ヘルメット、オブジェクトヘッド、甲冑……さまざまな作品が展示/販売される。

さらに、自作のマスクをかぶって来場するのも楽しみの1つだ。
【TOKYO MASK FESTIVAL】最強の地下アイドル・仮面女子「チャンピオンになっちゃいました」
5回目を数える今回のテーマは「牧場」。会場の中央に牧場が設けられ、フォトスペースとしてマスクを被った来場者が放牧される予定。それぞれお気に入りのマスクをかぶった写真をInstagram等のSNSにアップして楽しむこともできそうだ。

また、出展者も公式サイトにて発表。

伝統的な張り子の技法をベースに現代の機能的な素材を用いた「お面」を制作している張子屋陣内、美少女きぐるみを中心に制作しているむにむに製作所、簡単に人外になれるマスクとポストカードの販売をおこなっているがく屋など、個性的な作家の出展が続々と決まっている。
張子屋陣内/画像は公式サイトより

張子屋陣内/画像は公式サイトより

がく屋/画像は公式サイトより

がく屋/画像は公式サイトより

仮面文化の盛り上がりを体感できるイベント「TOKYO MASK FESTIVAL」に足を運んでみてはいかがだろうか。

ポップなイベントもりだくさん

こんな記事も読まれています

イベント情報

「TOKYO MASK FESTIVAL」Vol.5(第5回東京マスクフェスティバル)

日時 2018年3月24日(土曜)
開場 12:00閉場:17:00(再入場可)
入場料 1000円
開催会場 東京芸術センターホワイトスタジオ(東京都足立区千住1-4-1)

イベント内容
日本最大級のマスクの展示即売会。マスク、覆面、仮面、かぶりもの、着ぐるみ、ヘルメット、オブジェクトヘッド、異形頭、甲冑、プロテクター、ゴーグル、その他オールジャンルのマスクを扱います。
※小学生以下は入場料無料(保護者同伴必須)
会場は、北千住駅徒歩5分(JR常磐線、東京メトロ千代田線・日比谷線・半蔵門線、東武スカイツリーライン(伊勢崎線)、つくばエクスプレス)千住大橋駅徒歩10分(京成本線)

関連情報をもっと読む

関連キーフレーズ

「TOKYOMASK FESTIVAL」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 12

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ