34

POPなポイントを3行で

  • Houxo Queの展覧会が開催
  • 現代美術作家として活躍する
  • 新シリーズ「apple」を体感できる

最新ニュースを受け取る

美術作家 Houxo Queの展覧会 覗き、覗かれる光の深淵

Houxo Que「apple」/画像はGallery OUT of PLACE TOKIOの公式サイトより

現代美術作家のHouxo Queさんによる展覧会『Houxo Que「apple」』がGallery OUT of PLACE TOKIOにて開催される。

会期は3月2日(金)から4月1日(日)まで。入場は無料となっている。

展示される作品は、インターネットを通じて向こう側の世界とリアルタイムに繋がっている現代社会を象徴。

鑑賞者は作品を「見る」と同時に「見られている」という不思議な状況を体感できるという。

Houxo Queとは?

グラフィティを出自に持ち、ストリートで壁画制作を主に作家活動を始めたHouxo Que(ホウコォ キュウ)さん。
Houxo Que

「16,777,216 iPhone view #1」acrylic and fluorescent pigment on iPhone6. 2017 photo by ARTZONE

近年は、ディスプレイに直接蛍光画材を用いてペイントする絵画作品「16,777,216view」シリーズを中心に、現代美術の分野で活動の幅を広げている。 シンガーソングライター・米津玄師さんの楽曲「春雷」では、ライブ披露時の演出を手がけたほか、MVでも花のグラフィックや作品を提供している。 そんなHouxo Queさんが今回の展覧会で披露するのは、新シリーズ「apple」。

今や現代人の生活とは切り離せないiPhoneやiPadなどを題材に、ネットを通じてリアルタイムに世界と繋がれる現代社会を象徴しつつ、鑑賞者に「見る」「見られる」という相反する感覚を提供する。

なお、初日にはHouxo Queさんが在廊するレセプションパーティが行われる。

アートは奥深い

こんな記事も読まれています

関連商品

fluorescence view /substance&picture #02

価格 : 80,000円(税込み)
販売元 : Houxo Que

イベント情報

Houxo Que「apple」

日程 2018年03月02日(金)~2018年04月01日(日)
時間 12:00〜19:00
休廊 月・火・水曜日
※ただし3月7日〜11日は3331 Art Fair開催時間に併せて開廊
料金 無料
会場 207:Gallery OUT of PLACE TOKIO
レセプションパーティー 3月2日(金)18:00〜20:00

関連キーフレーズ

「Houxo Que」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 13

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag
+ コメントをもっと見る

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ