Netflix(ネットフリックス)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。インターネット上にて映像配信を行う、世界最大級のオンラインストリーミングサービスとして知られる。本社はカリフォルニア州ロスガトス。

概要

10万種類、延べ4200万枚のDVDを保有する巨大映像配信業者。レンタル向けに1,600万人の顧客を得ている。また、ストリーミング配信では既存のコンテンツに加え、独占配信やオリジナル作品も扱っている。2015年6月末現在の加入者数は、全世界で6,560万人(うち米国4,230万人)にのぼる。

1997年に創業。

1998年より運営開始。当初は固定金額制ではなく、1枚につき4ドルのレンタル料金と2ドルの郵送料金を支払う制度だった。

1999年に月定額制を開始し、人気が爆発。同様のサービスは、日本では2000年にDMMが定額制DVDレンタルと言う名称で開始している。以降、米国ではウォルマートやブロックバスターなど多くのライバルが同じ制度でオンラインDVDレンタルに参入してきたものの、ネットフリックスが業界1位の座を守り続けている。

2002年に株式公開し、一株15ドルで550万株を販売。さらに同価格で82万5000株追加。

2007年に通算10億枚のDVDを出荷した。その後、ストリーミング配信によるビジネスモデルに移行。2010年にはストリーミングサービスをDVD会員から切り離した。

日本での映像ストリーミングサービスの展開

2015年9月1日からストリーミングのみのサービスを開始(4Kコンテンツも同日配信開始)。

同年以降に発売される一部のテレビはNetflix対応となり、リモコンには専用ボタンが設けられた。フジテレビジョンとタッグを組んだ『テラスハウス』の新シーズンや、オリジナルドラマ『]アンダーウェア』(主演:桐谷美玲)など、日本オリジナルコンテンツの配信も開始している。

2016年には芥川賞受賞作の『火花』を映像化し、世界配信することも決定している。

サービス開始告知には、ネットフリックスが制作会社と直接契約し、海外での独占配信権を取得している『シドニアの騎士』の本編映像を使った動画が配信された。

また、ソフトバンクとも業務提携し、自社での受付や料金請求も行うとしている

日本への参入では、対応するテレビのリモコンに専用ボタンを設けるよう規定が設けられており、2015年から東芝、パナソニックなどの一部機種が対応している。また電源がオフでも、専用ボタンを押すとテレビが起動するようにも定められている。

一部のコンテンツは4Kでも配信されており、同様の配信サービスである「ひかりTV 4K」や「4Kアクトビラ」、CS放送の「スカパー!4K」と同じ、H.265(HEVC)でエンコードされる。また、他国でのサービスと同様に、パソコン、スマートフォン・タブレット(iOS、Android、Windows Phone)、ゲーム機(PS3・4、Xbox 360・One、Wii U)、メディアプレーヤー(AppleTV、Chromecast、Fire TV(予定))、BDプレーヤー(2015年以降発売の一部製品)等でも視聴できる。

似たようなキーフレーズ

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ