245

最新ニュースを受け取る

印象派絵画とInstagramを結ぶ〈イメージ〉 インスタグラマーは「真実」の夢を見るか?

「16,777,216 iPhone view #1」acrylic and fluorescent pigment on iPhone6. 2017 photo by ARTZONE

──Instagramが人気を誇り、「インスタ映え」なる言葉までも誕生した現代。それでは、日々アップロードされる「インスタ映え」する写真とは一体どういったものなのだろうか? なぜ、私たちは「インスタ映え」する写真を求めるのだろうか? 現代美術作家のHouxo Queが印象派や写真文化史、はては人工知能まで…美術史と進化するテクノロジーを引きながら、考察する。

文:HouxoQue 編集:須賀原みち

私はHouxoQue(ホウコォキュウ)という名で現代美術の分野にて活動をしている作家である。主な代表作は液晶ディスプレイに直接ペイントをした「16,777,216view」というシリーズであり、現代の人々にとってのイメージとメディアの関係を主題とし、それに関する調査などを行いながら活動をしている。

この度、執筆の機会をいただき、Instagramを中心としたヴィジュアル・コミュニケーションが主となるSNSに関する考察をすることとなった。

〈イメージ〉

さて、私の住まう日本でもSNSは3.11以降のスマートフォンの爆発的な普及を伴ってもはや誰しもが利用しているといってもよい状況である。これには震災時における既存インフラへの打撃と比較して、SNSやメールなどパケット通信によるテキスト等の送受信の有効性が確認されたことなども一つの理由としてあるだろう。

また、ここにスマートフォンの普及が同期していった。このようなIoTの活用は、総務省の情報通信白書からも政策的に後押しされていることがうかがい知れる。SNSの普及は官民一体となって進められたのだ。

特に近年では、20代を中心にInstagramへの支持は強く、本稿をお読みの皆様もアカウントをお持ちのことかと思う。この原稿を綴っている2017年においては「インスタ映え」といった言葉まで現れ、どれほどまでに浸透しているかを窺い知れるものである。

市井の人々が自らの日常を、私的な時間を費やし、写真や画像、そして動画を〈イメージ〉として発信していること、そのことに私は大きく揺さぶられるような想いを抱いてきた。 今や人々は〈イメージ〉を欲望していて、私の知る限り、このように〈イメージ〉を欲する時代を私は知らない。同時代に生きる、一人の芸術家として、これほど興味をそそられることはない。

再生産され続ける写真達

さて、まずはInstagramなどを中心に拡大している、SNSに投稿された「インスタ映え」する写真について考えていこう。

とはいっても、この言葉に引き寄せられる視覚的な特徴に主だった新規性はないだろう。そこに溢れているものは、雑誌や広告で使われているような商業写真にどこか似た小奇麗なものばかりが並ぶ。

時に嘲笑的にこの言葉は使われるが、そこにはメディアが作り出してきたフィクショナルな〈イメージ〉への嫌悪感がうっすらと漂っている。だがむしろ、そのことがこの言葉の特異性を表しているだろう。なぜなら商業写真のような写真であっても、それらは商業写真ではなく個人の活動だからである。

例えば、フードポルノを趣味としているある者は蟹を食べに行くときに、蟹がもっとも鮮やかで美しく、食欲をそそるような見栄えに引き立てるための照明を持参していくという。「蟹にはこの色温度だ」と。

自撮りを趣味にしている者はスマートフォンのレンズの歪みを理解し、目を大きく見せるために利用する。肌が美しく映えるように逆光が効果的であることを理解する。またはアプリケーションの補正で目や身体のプロポーションなどを変形させる。 

「インスタ映え」する写真は、プロのフォトグラファーやレタッチャーの持つ技術の方向性と、本質的に差異はない。既存の技術をより簡易的にテクノロジーなどに代用させているに過ぎない(もちろん、それを可能にさせている技術進歩には大いに驚嘆するのだが)。

さまざまなSNSが台頭する今、なぜこれほどまでにInstagramが強い支持を得ているのかと言えば、翻ってそれらの技術への参入障壁を取り払っていったことだろう。

フィルタと呼ばれる機能などは象徴的だ。本来、プロがスタジオや現像所で行うような、またはレンズやフィルムについての知識といった専門性の高い技術を、アプリケーションの一機能によって一般化してしまったのだ。この「プロの技術のエミュレーション」こそが、Instagramに溢れる写真の質感を作り出しているのだろう。

そして何よりも特筆すべきは、その消費構造が一つのエコサイクル化していることである。誰に頼まれたわけでもなく自発的に行っていることであり、またそれを行う量的な差は、プロフェッショナルの現場と比較するまでもない。Instagram上では、膨大な数のユーザーが「インスタ映え」した写真をアップロードしている。今この瞬間も世界中で再生産され続ける〈イメージ〉たち。それを欲動させるものは、一体なんだろう。

〈イメージ〉を介して私たちは現実を認識する

人々は〈イメージ〉を欲する。では、なぜ私たちは求め、作り出してしまうのだろうか。そのために、今度は〈イメージ〉について考えてみよう。

そのヒントとして、眼差しを過去へ。写実主義から離れ、「見た光を表す」という新しい試みを行い、「絵画とはなにか」という考え方に劇的な革命を行った美術の潮流・印象派をめぐる言説へと向けてみよう。

今から100年ほど遡った1914年9月5日、第一次世界大戦当時のフランスのとある前線に掘られた塹壕の中で、ドイツ軍の一兵士ヘルムート・チュッペの綴った手紙の内容が非常に示唆に富んだ内容となっている。

僕は、ここの自然の美しさに大いに喜びを感じている。今は秋だが、運河と並木の景色はまるでルノワールの夏の絵のようだ。すべてが絶えずきらきらと光り、楡の並木はさらさらと音を立てている。
フィリップ・フック (2009)『印象派はこうして世界を征服した』中山ゆかり訳、白水社

この手紙の中でチュッペ軍曹は、自身が見たものの美しさを表現するためにフランスの印象主義の画家ルノワールの名を例に出さずにはいられなかった。戦争中の敵国同士であるにも関わらず、当時のドイツ人の持つ〈イメージ〉にフランスの文化が影響を与えていたことが窺い知れる。

印象主義にからめて、さらにもう一つ引用しよう。オスカー・ワイルドの『嘘の衰退』(1891年)からである。

印象派がいなければ、われわれの街路にしのびよってくるあの不思議な褐色の霧を、われわれはどこから得ることができただろうか?……あるいはわれわれの川面にたれこみ、弧を描く橋や揺れるはしけを優美に霞ませ、その輪郭をぼかす銀色の靄を?この十年のあいだにロンドンの気候に生じた異常な変化はすべて、ある特定の芸術の流派のせいなのだ。……物事はわれわれが目にするからこそおこるのであり、そして、われわれが何を見るか、そしてどう見るかは、われわれに影響を与えてきた芸術にかかっているのだ。
オスカー・ワイルド(1891)『嘘の衰退』西村考次訳、(オスカー・ワイルド全集4)、青土社

このワイルドの指摘は、一見して現実の事象そのものが芸術作品たちによって引き起こされたかのような主張にも受け取れるが、そうではない。印象派をはじめとした風景画に見慣れた者たちにとって、自身が見る自然の姿とは絵画に似たものなのだ。

これらの言葉たちは、視覚的イマジネーションと現実認知の狭間で〈イメージ〉と呼ばれるものがどのように働いてきたかを証言しているだろう。

1
2

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「HouxoQue」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 132

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(2)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag
匿名のユーザー

匿名のユーザー

Instagramに関する美術史的な論考をはじめて読んだ
面白いし、印象派的な美学というのも納得

匿名のユーザー

匿名のユーザー

浅い、浅すぎる、、

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ