KAI-YOU.netに登録して
さらなる爆ポップ体験を!

11

戦いは実験の場? 天才物理学者が変身する新ライダー『仮面ライダービルド』

戦いは実験の場? 天才物理学者が変身する新ライダー『仮面ライダービルド』

『仮面ライダービルド』/画像は公式Twitter(@toei_riderBUILD)より

仮面ライダーシリーズの最新作『仮面ライダービルド』が、2017年9月3日(日)の朝8時から放送される。

日本語で「創る。形成する。」を意味する「ビルド」の名がついた新ライダーは天才物理学者

戦いにおいても実験をするかのように、2つの成分を組み合わせて、あらゆる姿に変身をしていく。

なお10月からは改編に伴い、放送時間が9時へと変更になる。

ウサギと戦車という最強の組み合わせ

平成仮面ライダーシリーズ第19作目となる『仮面ライダービルド』は、ベルト「ビルドドライバー」とアイテム「フルボトル」を2本装填することで変身。

動物や機械など、フルボトルの様々な能力を使って戦い、ベストなボトルの組み合わせ(=ベストマッチ)を生み出すことで、必殺技を繰り出すという。

基本フォームは「ラビット」と「タンク」の組み合わせによる「ラビットタンクフォーム」。一見相反する両者だが、ウサギの跳躍力と戦車のパワーを合わせることで果てしない力が生まれるベストマッチだ。

劇場版『仮面ライダーエグゼイド』にいち早く登場

物語の舞台は、突如出現した巨大な壁によって、3つの首都に分断されたから日本列島。『仮面ライダービルド』が、首都のひとつ・東都に出現した未確認生命体「スマッシュ」に立ち向かう。

脚本は、TVドラマ『電車男』『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』、映画『クローズZERO』などを手がけた武藤将吾さん。

平成ライダーでは『仮面ライダー鎧武/ガイム』以来となる篠原保さんがクリーチャーデザインを担当する。
【最新予告編】『劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング/宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲』
8月2日(水)には出演キャストが明らかになる制作発表会を開催。当日の模様は、auの動画配信サービス「ビデオパス」で生配信される。

また8月5日(土)から公開される映画『劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング』では、TVに先駆けて登場する。

(C)2017 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

10月からは時間が変わるので気をつけて

こんな記事も読まれています

作品情報

仮面ライダービルド

原作
石ノ森章太郎
脚本
武藤将吾
音楽
川井憲次
クリーチャーデザイン
篠原保
チーフプロデューサー
佐々木 基(テレビ朝日)
プロデューサー
井上千尋(テレビ朝日)、大森敬仁(東映)、菅野あゆみ
アクション監督
宮崎剛(ジャパンアクションエンタープライズ)
特撮監督
佛田洋(特撮研究所)
監督
田﨑竜太ほか
制作
テレビ朝日、東映、ADK

関連キーフレーズ

9
Share
2
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ