初音ミクのロボットドール開発 専用ソフトで歌や動きを直感的に作成

初音ミクのロボットドール開発 専用ソフトで歌や動きを直感的に作成
初音ミクのロボットドール開発 専用ソフトで歌や動きを直感的に作成

「iDoll x Nendoroid」ミクiDoll

ロボット・カンパニーのユカイ工学がコミュニケーションロボット「iDoll」(アイドール)と人気フィギュアシリーズ「ねんどろいど」のコラボレーションモデル「iDoll x Nendoroid」を開発した。

「ねんどろいど」誕生10周年を記念したもので、初音ミク型のコミュニケーションロボットとなっており、ユーザーの声に反応し、さまざまな動作を見せてくれる。

また今回のリリースにあたって、ユーザー自らがiDollの動きを作成できるPCソフト「iDoll EDIT」の情報も公開された。

直感的な操作でダンスを踊らせる「iDoll EDIT」

HATSUNE MIKU by iDoll x Nendoroid | コンセプトムービー
iDollはダンスやあいさつ、一発ギャグなど、さまざまな動きを音声とともに再生できる、手のひらサイズのロボットドール。

iDoll専用スマホアプリ「iDoll PLAY」で、iDollの設定・操作や、さまざまなコンテンツ・機能の追加が可能となっている。

iDoll EDIT

今回の「iDoll x Nendoroid」で追加された「iDoll EDIT」は、iDollのモーションを作成するPC用ソフト。より直感的な操作でオリジナルダンスを踊らせることができる。

iDoll EDIT

また、7月24日(日)に千葉・幕張メッセにて開催される国内最大級の造形イベント「ワンダーフェスティバル2016[夏]」(ワンフェス)の「WONDERFUL HOBBY LIFE FOR YOU!! 24」ブース内にて、初音ミクコラボレーションモデルを展示。「iDoll EDIT」のデモンストレーションが行われる。

さらに、7月23日(土)・24日(日)アメリカ・サンフランシスコで開催される日本のポップカルチャーを発信するイベント「J-POP SUMMIT 2016」にて、原型となる素体モデルが展示される。

(C) Crypton Future Media, INC. www.piapro.net

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

イベント情報

ワンダーフェスティバル 2016[夏]

日時
2016年7月24日(日)10:00~17:00
場所
幕張メッセ国際展示場1〜8ホール
入場料
2,500円(税込)小学生以下無料

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

情報化社会の週間ランキング

情報化社会の画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ