685

写真展「日本の現場 立入禁止の向こう側」 科学工業の未知なる現場

写真展「日本の現場 立入禁止の向こう側」 科学工業の未知なる現場

自然科学研究機構 核融合科学研究所「大型ヘリカル装置」/※画像は西澤 丞 写真展「日本の現場 立入禁止の向こう側」 | コニカミノルタより

写真家・西澤丞さんによる初の個展「日本の現場 立ち入り禁止の向こう側」が、3月2日(水)から3月31日(木)にかけて、東京都新宿区にあるコニカミノルタプラザ ギャラリーB&Cにて行われている。

本展は、「写真を通じて日本の現場を応援する」をコンセプトに、一般の人ではなかなか立ち入ることのできない科学研究施設や工場などをとらえた、精緻でスケール感のある作品を展示する。

入場料は無料となっており、3月18日(金)にはスペシャルトークも行われる。

さまざまな「日本の現場」を追う写真家・西澤丞

宇宙航空研究開発機構(JAXA)「イプシロン」 高性能と低コストの両立を目指す新型固体燃料ロケット

西澤丞さんは、日本の先端科学施設を写真に収めた『Build the Future』や、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の新型固形燃料ロケット誕生の様子を追った『イプシロン・ザ・ロケット ―新型固体燃料ロケット、誕生の瞬間』などの写真集で話題を集めている注目の写真家。

4月には、新たに産業の現場を撮り下ろした写真集の刊行が予定されており、同作に収録される最新作品も本展で見ることができるようになっている。

国土交通省関東地方整備局 江戸川河川事務所 「首都圏外郭放水路:調圧水槽」 洪水を軽減するための設備

科学や工業などは、人々の暮らしを支える大切なものであるにもかかわらず立入禁止であるために、その実態を知る機会は、ほとんどありませんでした。一方で、現実がどうなっているのかを知らずに物事を判断することは、間違った未来を選択してしまう可能性が高くなり非常に危険です。

自分の暮らしを支えているものを自身の眼で見てみたい、そして写真を通じて多くの人に伝えたいとの気持ちから撮影を始めて10年あまり。今回の展覧会は、私の最初の個展であり、同時に、未発表の作品を発表する場ともなっています。長期にわたる交渉の末、ようやく撮影許可が下りた「日本の現場」の数々を、どうぞご覧ください。 西澤さんコメント

そして、3月18日(金) 19時より、西澤丞さんと株式会社ソニー・ミュージックコミュニケーションズのアートディレクター・中島史朗さんによるスペシャルトークも行われる。

こちらは先着順の定員50名となっており、整理券は18時より会場にて配布される(おひとり様1枚限り)。

執筆者:はるお

こんな記事も読まれています

イベント情報

日本の現場 立入禁止の向こう側

主催
コニカミノルタ株式会社
協力
PPS通信社
会場
コニカミノルタプラザ ギャラリーB&C 入場無料
東京都新宿区新宿3-26-11 新宿高野ビル4F(Tel: 03-3225-5001)
JR新宿駅東口、東京メトロ丸ノ内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分
(フルーツの新宿高野4F)
開催期間
2016年3月2日(水)~3月31日(木) 期間中無休
10:30~19:00(最終日は15:00終了)※3/4,3/11,3/18,3/25は20:00まで開館
入場料
無料
展示
写真(大判プリント) 65点

関連キーフレーズ

85
594
6
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ