『ウルトラマンと戦後サブカルチャーの風景』が問いかけるもの

昨年末に刊行された、『ウルトラマンと戦後サブカルチャーの風景』。

戦前までさかのぼった映画史における円谷特撮、そして戦後サブカルチャー史の中での「昭和ウルトラ」を位置付ける作品だ。その著者である福嶋亮大と、同書の企画者・宇野常寛による全4回の連載対談。初代の『ウルトラマン』をはじめ、戦後の特撮作品は現代に何を問いかけるのか。

― 全4

PICK UP

注目記事

ページトップへ