10

POPなポイントを3行で

  • 「Arc The Lad」(アークザラッド)新作のティザーサイトが公開
  • 「光と音のRPG - 再始動 - 」のキャッチコピーが躍る
  • 7月30日(月)に情報解禁がある

最新ニュースを受け取る

名作RPG『アークザラッド』新作スマホ版から続報 7月30日解禁

「アークザラッド」シリーズ新作(仮)

Arc The Lad」(アークザラッド)シリーズで、スマートフォン向けアプリとして配信される予定の最新作のティザーサイトが公開された。

光と音のRPG - 再始動 - 」と銘打たれ、現時点では7月30日(月)に情報解禁があることのみ告知されている。

名作RPG「アークザラッド」新作発表から早1年半

1995年に第1作目がリリースされた「Arc The Lad」(アークザラッド)シリーズ。そのスマートフォン向け完全新作アプリの開発が明らかになったのは2016年末。

フォワードワークスとオルトプラスというスマートフォン向けアプリを展開する2社が開催したメディア向け発表会「ForwardWorks Beginning」にて発表された。

「アークザラッド」シリーズのオリジナルスタッフが集結する株式会社ジークラフトの企画を元に、オルトプラスが開発を進めていた。

そこから目ぼしい続報はなく1年半が経過し、ついにその新作「アークザラッド」のベールが剥がされることとなる。

企画・原案・ゲームデザインは土田俊郎さん、シナリオに米坂典彦さん、アートの原案・監修に小山英二さん、国末竜一さん、はやしひろしさん、サウンドにはT-SQUAREの安藤正容さんと、『1』『2』を手がけたオリジナルスタッフが再集結し、物語の続きが描がれる。

「光と音のRPG」再び 蘇る「アークザラッド」

『アークザラッド』は、今回のティザーでも打ち出されている「光と音のRPG」のキャッチコピーで、RPGの新たな地平を切り開いた名作タイトル。

PlayStation初の大作RPGとして1995年に発売され、以降『ポポロクロイス物語』『ワイルドアームズ』とともに、ソニー・インタラクティブエンタテインメントが手がける3大RPGとして語り継がれている。

同作はメディアミックス展開として漫画や小説などが刊行されたほか、1999年には続編となる『アークザラッドII』を原作にしたTVアニメも放送された。

また、その人気の高さを受け『アークザラッドIII』『アークザラッド 機神復活』をはじめとした数々の続編が制作されている。

新作ゲームの内容はまだ明らかになっていないが、往年の『1』『2』の名作を手がけたオリジナルスタッフが続編を制作するとあって、続報を期待するファンの声は多かった。

「アークザラッド」公式Twitterアカウントも

情報解禁までの間、公式Twitterで世界観やゲームに関する情報を告知するとのことなので、そちらをフォローしておこう。 (C)Sony Interactive Entertainment Inc. (C)ForwardWorks Corporation.
Developed by AltPlus Inc.

ゲームもリバリバル・続編多し!

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「Arc The Lad」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 3

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ