186

『ゴールデンカムイ』の狩猟料理を食べてきた! ジビエの名店が再現

『ゴールデンカムイ』の狩猟料理を食べてきた! ジビエの名店が再現

『ゴールデンカムイ』の狩猟料理を食べてきた! ジビエの名店が再現

「マンガ大賞2016」で大賞を受賞するなど、話題沸騰中の漫画『ゴールデンカムイ』(集英社)。 本作は明治末期の北海道を舞台に、元陸軍兵とアイヌ民族の少女が伝説の埋蔵金をめぐって、陸軍第7師団や新選組の生き残りである土方歳三らとの争奪戦を繰り広げる冒険活劇漫画だ。

手に汗握る攻防のほか、アイヌ文化や当時の営みなどが細かく描写され、若年層から大人まで幅広い層から人気を得ている。

来る9月22日、『ゴールデンカムイ』に登場する料理を実際に再現し、完全無料で提供する1日限定のイベント『渋谷道玄坂ゴールデンカムイ軒 supported by 渋谷百軒店ノ小屋』が開催される。 というのも、『ゴールデンカムイ』では、その食事シーンも魅力のひとつなのである。

サバイバルの中で、ウサギやシカといった動物などをアイヌ流に食したりするのだが、食欲をそそる料理の見た目に加え、口にした登場人物たちの多幸感あふれる(ときになんとも言えない)リアクションが見るもの胃を刺激するとして、“異色のグルメ漫画”とも言われているとか…!? そんな『渋谷道玄坂ゴールデンカムイ軒 supported by 渋谷百軒店ノ小屋』のプレス向け試食会が、8月22日に行われた。

当日は『仮面ライダードライブ』のヒロイン・詩島霧子役や、現在ドラマ『侠飯〜おとこめし〜』のヒロイン・結城春菜役などで人気を博す女優・内田理央も登場。今回は、その模様をお伝えしよう。

取材・文/須賀原みち 編集・吉田雄弥

ジビエの名店が手掛けるウサギ、エゾシカ、クマ料理

渋谷の道玄坂を上ったところにある「渋谷百軒店ノ小屋」に着くと、まず入り口には「ゴールデンカムイ軒」ののれんがかかり、来客を出迎えてくれる。「渋谷百軒店ノ小屋」は、もともとシカやカモ、イノシシやクマといったジビエ料理や国産銘柄牛を提供する名店だ。

内田理央は、『ゴールデンカムイ』でもおなじみの軍服を着て登場。元々アニメや漫画好きだという彼女、原作もしっかり読み込んできたという。イベント司会者に『ゴールデンカムイ』の魅力について聞かれると、「1巻を読んだ時、鳥肌が立つくらい面白かったです! 冒険、グルメ、歴史、ギャグ、サバイバル…って、楽しい要素が全部盛りってところが魅力だと思います!」と語る。 また、今回漫画の中の料理を再現することについては、「普段見たことないお料理が出てきて、それをみんな※1『ヒンナヒンナ』って美味しそうに食べてるので、食べたいなって思ってました。味は想像できないけど、美味しそうな顔をして食べてるので」(内田)。

ちょうど放送中のドラマ『侠飯〜おとこめし〜』に出演中ということもあって、ドラマに登場する料理は毎回自分でつくるというほど料理好きな内田。彼女のコメントと共に、今回提供される料理をご紹介していこう。

ウサギのチタタプのスープ
エゾシカの塩焼き
子持ち昆布の串揚げ
松前漬け
ユクオハウ(鹿肉の鍋)
カエデの氷柱(ツララ) 『渋谷道玄坂ゴールデンカムイ軒 supported by 渋谷百軒店ノ小屋』メニュー一覧

※1 ヒンナヒンナ:アイヌの言葉で、食事に感謝する言葉

ウサギのチタタプのスープ(第2巻8話)

まず最初は、ウサギのチタタプの汁物。ウサギ肉のつみれとシメジ、にんにく、行者にんにくのスープである。

一緒にコショウも添えられている。そもそもチタタプとは、アイヌの言葉で「我々が刻むもの」という意味で、原作でもリスやウサギを交代しながら叩いて、つみれにしている

「みんなで叩いてるのも楽しそうだし、こうやって見ると見た目も美味しそうですね!」と早々にテンションが上がる内田。一口食べると「香りはニンニクのいい匂いがして、臭みは感じないです。今まで食べたことがない肉ですけど、めちゃめちゃ美味しいです! あと、コショウを入れると、なんか今風の味になりますね」と、コメントしていた。

実際に食べてみても、キノコの出汁が効いているのか、優しい味付けで非常に食べやすい。ウサギ肉のつみれも少し歯ごたえを感じつつも柔らかく、ついつい箸が進む。食べるとほっこり感がすごいので、原作のようについ「ハフハフ」言ってしまう一品だ。

エゾシカの塩焼き(原作第3巻25話)

次はプレートに並んで、一気に4品が登場。

エゾシカの塩焼きは、エゾシカの部位の中で最も美味とされる背中の肉を贅沢に使った、野性味のある味わいの一品だ。特筆すべきはその分厚さで、あえて一口サイズに切らずに“肉!”という感じを押し出したのだとか。

「クセがなくて、柔らかいです。これが一番食べやすくて、初心者(向け)かもしれない! ちょっと牛肉のステーキとかに近いんですかね」と太鼓判。 箸で持ち上げると、プレートに少し血が垂れているのも新鮮な証拠。分厚いので噛み切るには頑張る必要があるが、柔らかく肉感が口の中いっぱいに広がってくる。原作にもある通り、お酒にも合いそう。

子持ち昆布の串揚げ(原作第5巻42話)

こちらは原作同様、子持ち昆布に片栗粉をまぶし、シャチの脂肪を使った油で揚げた串焼き。シャチの脂肪が料理に使われるというのは、料理長も知らなかったという。 「塩味が効いてて、美味しい! すごいプチプチしてます。こんな子持ちがびっしりついてるのは初めて見ました」(内田)

一口食べると、外はサクサク中はプチプチと、初体験の食感! 自然な塩味なので、何本でもいけちゃいそう。子持ち昆布から溢れるジューシーな汁もたまらない! シャチの油を入手するのは難しいだろうが、お家でもぜひ作ってみたい美味しさである。

松前漬け(原作第6巻56話)

北海道の郷土料理である松前漬けだが、今回は一般的なものでなく、ニシンの卵であるカズノコに、昆布と細切りにしたスルメイカを醤油漬けにしたもの。お肉が多い今回のラインナップの中で、箸休め的な存在になっている。

内田は「たまにお酒を飲むんですけど、(お酒に)超ピッタリですね。大人の人が好きな味だ」と絶賛。

原作では、松前藩と仇敵であった土方歳三も褒めるほどの美味しさ。昆布のとろみと、醤油漬けの濃厚すぎない甘さで、思わずご飯が食べたくなってしまう。ぜいたくを言えば、原作よろしく、たくあんを細かく刻んだお茶漬けがあれば、まさに最高といえる料理だろう。

クマの炙り焼き(『渋谷道玄坂ゴールデンカムイ軒』特別メニュー)

今回の特別メニューとして提供されたクマの炙り焼き。じっくりと炭で炙って、醤油のタレで味付けがされた一品だ。

「怖いものランキング1位がクマ」だという内田も「一番怖いものを食べるってことで、(クマへの恐怖を)克服できそうです! 香りはお肉のいい匂い。すごい弾力で、クマの強さを感じますね。独特の匂いはありますけど、美味しいです!!」とのこと。

シカよりも味や噛み心地にクセはあるものの、食べにくさはほとんど感じることはない。ゴリゴリ、シャクシャクと噛む食感はやみつきになりそう。なかなか食べる機会のないクマの肉は、ぜひ一度チャレンジしてみたいところ。

ユクオハウ(鹿肉の鍋)(原作第4巻30話)

エゾシカのさまざまな部位の肉と、空芯菜、三つ葉、行者ニンニクを煮込んだ鍋料理。アイヌ伝統の料理で、本来はプクサキナ(ニリンソウ)を使うのだが、ニリンソウには毒があることもあるので、今回は空芯菜と三つ葉で代用しているという。味付けは塩で、お好みで味噌を入れて食す。 「味噌」と聞いて、内田は「これ、大丈夫ですか? …お味噌ですか(笑)?」と警戒心を露わに。

というのも、原作において、味噌を食べる習慣のないアイヌ民族の少女・アシリパは、最初、味噌を「オソマ(ウンコ)」と言って敬遠する(その後、「オソマ」と連呼しながらも美味しく食べる)。原作でも印象深い(?)エピソードである。

ちゃんと味噌ということで、安心して口に入れた内田は「(鍋のほうが)シカの香りや独特のクセがスープに染み込んでいて、シカを楽しめる気がします。お味噌を入れるとクセが和らいで、私たちが普段食べてるものに近くなるというか、食べやすくなりますね」と舌鼓を打つ。

煮こまれた鹿肉は弾力がありながらも噛み切ることができ、さっぱりとした味わい。白と赤を調合した味噌を入れると、甘い味わいが広がり、体の芯から温まる感じがする。アシリパのように「オソマおいしい!」と叫んでしまいそう(注:ウンコじゃありません)。

カエデの氷柱(ツララ)(原作第3巻21話)

最後はデザートとして、カエデの樹液が染みだしてできたツララをイメージしたアイス。メープルシロップと水をちょうどいいバランスで凍らせている。手づかみで食べるのだが、一口舐めると…「ヤバイ! ずっと舐めてられる!! 美味しい! これ、最高に美味しいです。お家で作ろうと思います」(内田)。 氷が重なっているような食感で、シャクシャク噛むとメープルシロップのほのかな甘味と氷の冷たさがクセになる味。さっぱりとしていて、夏にぴったりのデザートとなっていた。

以上が、『渋谷道玄坂ゴールデンカムイ軒 supported by 渋谷百軒店ノ小屋』で提供される全料理だ。

最後に、内田は「食べてみると全部美味しくて…現代の人でも美味しいと思えて、お料理で(漫画と)つながれて、嬉しいです!! 『ゴールデンカムイ』のファンの方だったらもちろん絶対楽しめますし、普段から料理が好きな方も、ただジビエ料理に興味がある人も良いきっかけになると思います。みなさんぜひ応募、お願いします!」と締めくくっていた。

原作者・野田サトルさん直筆の黒板

こちらは野田サトルさん手づくりのハンコ

普段食べることが少ない、ウサギやシカの肉を楽しめて、『ゴールデンカムイ』の世界にもひたれる『渋谷道玄坂ゴールデンカムイ軒 supported by 渋谷百軒店ノ小屋』の参加は、現在特設サイトにて応募受付中。いずれも本当に美味しい料理ばかりなので、食べてみたい方はぜひ応募してみよう。

一口食べれば、「ヒンナヒンナ」と言ってしまうこと、間違いなしだ! ※チタタプのプは小文字表記
※ユクオハウ(鹿肉の鍋)のクは小文字表記

こんな記事も読まれています

イベント情報

渋谷道玄坂ゴールデンカムイ軒 supported by 渋谷百軒店ノ小屋

日時 2016年9月22日(木・祝)11:00~、12:30~、15:30~、17:00~(60分・完全予約・入替制)
会場 渋谷百軒店ノ小屋(東京都渋谷駅道玄坂2-18-14 日美ビル)
料金 コース料理を無料で提供(スペシャル料理を除く)
予約URL http://youngjump.jp/goldenkamuy/contents/goldenkamuyken/form.html

※予約受付期間は8月19日(金)〜9月4日(日)。申し込みが多かった場合、抽選の上、9月12日(月)を目処に当選者のみに連絡

関連情報をもっと読む

関連キーフレーズ

110
71
5
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ