30

レトロフューチャーユニットClariS 美麗なイラストの制作過程をMVに

レトロフューチャーユニットClariS 美麗なイラストの制作過程をMVに

ClariS アーティストイラスト アナザーエディション

2人組レトロフューチャーユニットのClariS(クラリス)が、3月2日(水)にリリースするコンセプトミニアルバム『SPRING TRACKS -春のうた-』のアーティストイラスト アナザーエディションが公開された。

これはイラストレーター・高野音彦さんによる描き下ろし作品。また、このイラストが出来上がるまでの過程がMVになることも明らかとなった。

新感覚☆レトロフューチャーユニット・ClariSとは?

「コネクト」(アニメ盤)

ClariSは、クララさんとカレンさんからなる新感覚レトロフューチャーユニット。2010年、TVアニメ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』のOPテーマ曲「irony」でメジャーデビュー。

その後も『魔法少女まどか☆マギカ』『偽物語』『ニセコイ』といった話題アニメの主題歌をつとめ注目を集めてきた。

2014年に発売した3rdアルバム『PARTY TIME』をもって初代メンバーであるアリスさんが卒業。同年11月にはカレンさんを迎え、新生ClariSとして新たな一歩を踏み出し、2015年4月には初ベストアルバムをリリースするなど躍進を続けている。

初の全国ツアーも決行!

ClariS 「SPRING TRACKS -春のうた-」トレーラー映像
ClariSのアーティストイラストを数多く手がけてきた高野音彦さんによるアナザーエディションのイラストは、すでに発表されている同氏のイラストの世界観はそのままに、楽曲の切なさ、繊細さを表現。

また、このイラストは同グループ初のコンセプトアルバムとなる『SPRING TRACKS -春のうた-』の初回生産限定盤に封入される特典ポストカードとなる。

タイキさんによる「さよならメモリーズ」のイラスト

このほかにも、タイキさんによる「さよならメモリーズ」、inumotoさんによる「sakura」、NUKO-Dによる「明日、春が来たら」、NOB-Cさんによる「赤いスイートピー」と1曲につき1作、気鋭のイラストレーターがClariSのイラストを描き下ろしている。

アルバム発売直後の3月6日(日)から、愛知・Zepp Nagoyaを皮切りに初の全国ツアー「ClariS 1st Tour“夢の1ページ…”」をスタートさせる彼女たちから目が離せない。

こんな記事も読まれています

CD情報

ClariSコンセプトミニアルバム『SPRING TRACKS -春のうた-』

発売日
2016年3月2日(水)

コンセプトミニアルバム「SPRING TRACKS -春のうた-」は、リード曲となるオリジナル新曲「ひらひら ひらら」に加え、春にちなんだ初のカバー楽曲を4曲収録。カバー曲は、‘10年代ニコ動ファン待望の「さよならメモリーズ」supercell、’00年代アニメファン胸熱の「sakura」NIRGILIS、‘90年代J-POPの名曲「明日、春が来たら」松たか子、‘80年代往年の春の名曲「赤いスイートピー」松田聖子、を収録。

また初回生産限定盤封入特典には1曲につき1作、人気イラストレーターによって描き下ろされた“ClariSイラスト ポストカード”が5枚特典として封入される。

出会いと別れの季節にClariSの切なくも温かい歌声が響く!

■ご予約はこちら
http://goo.gl/LenIUo(外部リンク)

■初回生産限定盤[CD+描き下ろしClariSイラストポストカード5枚]*横長デジパック

関連情報をもっと読む

関連キーフレーズ

16
Share
0
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ