なぜ面白いミステリーゲームがつくれるのか? 名作を生んだ打越鋼太郎×竜騎士07 対談 に戻る

なぜ面白いミステリーゲームがつくれるのか? 名作を生んだ打越鋼太郎×竜騎士07 対談

  1. なぜ面白いミステリーゲームがつくれるのか? 名作を生んだ打越鋼太郎×竜騎士07 対談
  2. 『極限脱出 9時間9人9の扉』(2009年) 「極限脱出」シリーズ1作目として発売された
  3. 連続怪死・失踪事件の顛末を描いたサウンドノベルPCゲーム『ひぐらしのなく頃に』(2002年) 「コミックマーケット62」で初めて発表。のちに、アニメやドラマ、映画、コミックなど多数のメディアミックス展開が行われた
  4. r160511_kze048_1
  5. PC版の同人ゲームが2007年に「コミックマーケット72」で頒布された
  6. 打越鋼太郎
  7. 『パンチライン』 打越さんはアニメ版共に企画原案と脚本を手がけている
  8. 『ZERO ESCAPE 刻のジレンマ』
  9. 『ZERO ESCAPE 刻のジレンマ』ゲーム画面
  10. 『ZERO ESCAPE 刻のジレンマ』ゲーム画面
  11. 『ZERO ESCAPE 刻のジレンマ』ゲーム画面
  12. 『ZERO ESCAPE 刻のジレンマ』ゲーム画面
  13. r160511_kze071_1
  14. ZERO ESCAPE 刻のジレンマ
  15. ZERO ESCAPE 刻のジレンマ
前へ
前へ
記事に戻る

前の画像

1 / 15

次の画像