「POPisHere」×「MARKEY」×「KUDAN」ラフォーレ原宿で新世代ストリートブランドが邂逅

Click
open

特集 | 市場規模はマヨネーズ並み!人生を変えるカードゲームの魔力

23

ドメイン「blog.livedoor.jp」のGoogleランクがゼロになっていることが発覚

ブログサービス・livedoor Blogのポータルより

LINE株式会社が提供する大手ブログサービス「livedoor Blog」の主要ドメイン「blog.livedoor.jp」以下のサブディレクトリに置かれているサイトの Google PageRank が 0 となっていることが分かった。

Google PageRankはドメイン全体の評価であるため、個人ブログ、芸能人ブログ、会社で運用しているブログなどの区別はなく、すべてが 0 になっている模様だ。いつ発生したのか詳しい日時は不明だが、6月16日(日)にランクを下げられたものだと思われる。ただし、livedoor Blogのサービスを利用しているブログであっても、独自でドメインを取得して割り当てているサイトには影響はない。

発生当初は「blog.livedoor.jp」ドメイン自体が N/A(「該当せず」という意味)と表示されていたが、現在のランクは 5 に回復している。痛いニュースhttp://blog.livedoor.jp/dqnplus/)や眞鍋かをり Official Bloghttp://blog.livedoor.jp/kaworimanabe/)といった歴史を持つ名だたるサイトも非情にも対象となっている。

Google PageRankは、Googleが良質だと評価するサイトを数字に表したもので、0〜10までの10段階評価が行なわれる。重要だとされるサイトを的確に検索にヒットさせるために用いられているアルゴリズムを数値化したもので、他サイトからの沢山の被リンクと、良質なコンテンツを多くストックすることで上昇するといわれている。SEO(検索エンジン最適化)と呼ばれる、検索結果の順位を上げるための手法があるが、その結果が反映されたことの一つの目安として、多くのWebサイト管理者が気にかけている重要な指標のひとつだ。

今回のGoogle PageRankにおけるlivedoor Blogのランク引き下げだが、検索結果にどのような影響が出るものなのか、時間が経ってみないと判別は難しい。国内でも最大手のドメインをGoogleがいきなりばっさりと切ってしまうこともにわかには信じ難く、もしかするとGoogle側での不具合の可能性もある。しかしながら、livedoor Blogはその利用におけるハードルの低さとカスタマイズ性の高さから、自動更新をはじめとするスパムサイトを数多く生んでいたという側面もある。その点などを考慮した結果、Googleがマイナスを評価に踏み切った可能性は大いにあり得るだろう。

IT関係者に確認してみたところ、今回ページランクが引き下げられた決定的な理由として、予測はいくらでも立てられるが、確実なところは一切わからないとのこと。Googleは常に検索のアルゴリズムや評価軸を変動させているため、ひとまずGoogle PageRankの表示が正常に戻るまでは「blog.livedoor.jp」ドメインでのサイト制作は避けておいたほうが良さそうだ。

こんな記事も読まれています

Recommended by

関連キーフレーズ

「Google PageRank」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 13

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?