6

POPなポイントを3行で

  • フリマアプリを展開するメルカリが東証マザーズに上場
  • 東京証券取引所への上場日は6月19日(火)
  • 創業者・山田進太郎からの手紙も公開、その内容とは?

最新ニュースを受け取る

メルカリ、東証マザーズに上場 創業者「セオリー超えた挑戦続ける」

メルカリ

フリーマーケットアプリ「メルカリ」を展開する株式会社メルカリは5月14日、東京証券取引所マザーズへの新規上場が承認されたと発表した。

上場日は6月19日(火)を予定しており、以降は同取引所で株式の売買が可能になる。

有価証券報告書によると同社は、直近の決算期である2017年6月期の連結売上高として、およそ220億円を計上している。

メルカリ、創業から新規事業を次々と展開

メルカリは2013年2月に創業、7月にはフリマアプリ「メルカリ」の提供を開始した。 メルカリ東京オフィス 地域コミュニティアプリ「メルカリ アッテ」(5月末に終了が決定)や、シェアサイクルサービス「メルチャリ」、スキルシェアサービス「teacha」と、次々に新たな事業を立ち上げてきた。

直近では5月、バンダイナムコエンターテインメントと提携を発表(外部リンク)。 メルカリでのアイマスコラボ ゲーム『アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ』(通称:ミリシタ)のオジリナルグッズを、誰でも制作・出品可能になるという期間限定コラボレーションが話題を呼んでいる。 licence_image

セオリーを超えた挑戦で日本を代表する企業に

4月18日には一部報道期間で上場するとの報道があったものの、「決定している事実はない」と否定。今回、満を持しての上場発表となった。

発表にあわせて、「創業者からの手紙」と題して山田進太郎さんからのメッセージも公開(外部リンク)。

冒頭、メルカリのこれまでを「一般的なセオリーを超えたチャレンジを続けることで、通常では手に入らない結果を手にしてきた自負があります」と振り返る。

続けて、今後「人」「テクノロジー」「海外」それぞれに対する投資を宣言するとともに、「日本を代表する企業になっていきたい」と抱負を語った。

メルカリを取り巻くトピックス

こんな記事も読まれています

関連商品

メルカリ公式ガイドBOOK

発売 : 2017年2月9日
価格 : 2,266円(税込み)
販売元 : 宝島社

使ってます?👜👗

関連キーフレーズ

「メルカリ」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 3

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ