119

最新ニュースを受け取る

FLASH Animation of Water Engine

HDD(ハードディスクドライブ)に十数年の間、眠っていたというFlashアニメが、作者の手によってTwitterに投稿され「完成度が素晴らしい!」と話題を呼んでいます。

これはイラストレーター/漫画家の安森然さんが、自身のWebサイトのTOPページ用に制作した作品。完成はしたものの、2000年代初頭当時のインターネット環境とパソコン性能では、処理能力が低すぎて断念し、以後ずっとHDDに眠っていたといいます。

公表を断念したFlashアニメ、十数年の時を経て公開!

安森然さん「FLASH Animation of Water Engine」pixivのスクリーンショット

安森然さん「FLASH Animation of Water Engine」pixivのスクリーンショット

Flashは、動画やゲームなどを扱うためのアプリケーション。安森然さんによる今回のアニメがつくられたのは2003年前後で、下描きから清書まで、すべてFlashのみで制作されています。

登場キャラクターは、かつて安森さんが成人向け漫画雑誌『コミック零式』にて連載していた「流体機関(ウォーターエンジン)」という作品に登場するオリジナルキャラクター。

その作品の単行本化のために修正作業を行いながら、この動画もサイトで使用しようと考えていたそうです。しかしながら、雑誌自体が休刊となってしまい、作品も未完結のまま単行本の出版も断念。

制作にかかった期間をうかがったところ「キャラクターの部分は数日で完成しました」とのこと。

最初は城の石垣のような背景に、キャラの位置は固定。当時のパソコンでもぎりぎり再生できなくないレベルだったといいます。そこから、こだわった安森さんは背景に木や雲を足し、多重スクロールで奥行きと広がりを出そうとつくりこみ、さらに2週間ほどの時間がかかったそうです。

その結果、データ量が重くなり、数日、調整を試みたところ劣化してしまったので公開を断念されました。

ずっと眠っていた作品を公開してみたら、思わぬ反響が!

安森さんは絵やCGの技術を研究・練習しているものの、その成果を誰かに見せたり、技術を実際に作品に応用し発表することが少なく、つくった動画もほとんど公表されてきませんでした。

そして、ちょうどTwitterをはじめたタイミングでに、昔の作品を投稿していこうと思われたようです。

Twitterをはじめて1ヶ月ほどだったところ、先述の動画がどんどんリツイートされ、その反響の大きさに驚いたそう。

諸事情から作家としての広報活動をほとんど休止していた安森さんですが、最近また再開されたとのことなので、さらなるご活躍に期待したいです。

こんな記事も読まれています

関連商品

FLASH

発売 : 2016年3月16日
価格 : 250円(税込み)
販売元 : Universal Music LLC

関連キーフレーズ

「安森然」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 94

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

TPE48「恋するフォーチュンクッキー」公開 台湾JKたちの制服がまぶしい
連載
ポップな動画を紹介してみた
全232記事

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ