16

POPなポイントを3行で

  • アーツ千代田で「これはゲームなのか?展」開催
  • 新進気鋭のボードゲームデザイナー10組が出展
  • オインクゲームズの会場限定新作「VOID」も期待

最新ニュースを受け取る

ボドゲ未体験ゾーン「これはゲームなのか?展」に遊びに行こう

「これはゲームなのか?展」

新進気鋭のボードゲームデザイナーが集まる企画展「これはゲームなのか?展」が、5月29日(火)から6月3日(日)まで、アーツ千代田 3331で開催される。

会場では、ニルギリさん(するめデイズ)やASOBI.deptら10組による新作ゲームが登場。

シンプルなルールで人気を博すゲームメーカー・オインクゲームズは新作『VOID(ボイド)』を会場限定で発売する。

ゲームルールへの新たなアプローチ

商業ベースのゲーム製作では難しいようなルールへのアプローチを目的に企画された「これはゲームなのか?展」。

プレイヤー(来場者)はゲームの概念を拡張するかもしれない出展作品を「これはゲームなのか?」と身をもって体験できる。

参加するゲームデザイナーは全10組。

朝戸一聖(TANSANFABRIK)
ASOBI.dept(田中英樹)
安東和之
IKE(ひとじゃらし)
itten
オインクゲームズ(佐々木隼・出水田紘子)
Xaquinel(椎名隼也・中森源)
daitai(島田健一・大山徹)
ニルギリ(するめデイズ)
山田龍太(宇宙ドミノ) 参加デザイナー

なかでもオインクゲームズは、会場限定の新作として『VOID(ボイド)』を発売。 これまでに『海底探検』や『死ぬまでにピラミッド』、『STARTUPS』など、シンプルなルールとキュートなコンポーネント(部品)で、アナログゲーム初心者でもすぐに楽しめる作品をリリースしてきたオインクゲームズ。

今回の「ちょっとチャレンジングな作品」という気になる内容はもちろん、会場で披露される様々なゲームを遊んで「これはゲームなのか?」どうか、確認してみよう。

アナログゲームに興味があるならこちらも

こんな記事も読まれています

関連商品

海底探険

価格 : 2,376円(税込み)
販売元 : オインクゲームズ

パッケージもPOP!

イベント情報

これはゲームなのか?展  #1ルールで世界する

日程 2018年5月29日(火)〜6月3日(日)
時間 初日:19:00-21:00、5/20~6/2:12:00-21:00、最終日:12:00-18:00
場所 3331アーツ千代田【B104】
〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14
料金 無料
レセプションパーティ 6/1(金)19:00-20:30 1Fコミュニティスペース
イベント情報をもっと読む

関連キーフレーズ

「オインクゲームズ」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 8

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag
+ コメントをもっと見る

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ