277

Suchmos「STAY TUNE」

ロックバンド・Suchmosが音楽業界関係者や耳が早いリスナーから高く評価されている。

ファンクやヒップホップといった黒人音楽をポップミュージックに昇華し、2013年の結成から存在感を放っていた彼らがブレイクスルーを果たすきっかけとなった楽曲「STAY TUNE」のMVはいまや1800万再生を突破。

そして、YouTubeの徘徊を趣味としている筆者は、ある日あることに気づいた。「ヨンスが歌ってるシーンのスタジオ、アイドルのMVによく出てくるとこや…!」と。

「STAY TUNE」のMVはここで撮られているっぽい

そのスタジオの名前はスペーススタジオ
東京都新宿区早稲田に拠を構えるそのスタジオは、MVの撮影以外でも様々なシーンで利用されており、コスプレイヤーの写真撮影などでも人気のようだ。

利用価格は3時間セットで1万6000円〜というリーズナブルな設定。個人でも十分にレンタル可能なおしゃれなスタジオとなっている。

スペーススタジオで撮影されているMVまとめ

なぜスペーススタジオがここまで人気なのかはわからないが、これまでにも多くのアイドルが利用している。順番に紹介していこう。

おやすみホログラム「ニューロマンサー」

ロックバンドの如き怒涛のパフォーマンスが話題のアイドル・おやすみホログラムからの一曲。

SF作家であるウィリアム・ギブスンさんの代表作と同名タイトルの楽曲の通り、スペーススタジオの未来感ある装飾がバッチリ決まった一作となっている。

Party Rockets GT「真夏のマジ☆ロケット」

スペーススタジオでダンスを行うのは、現役女子高生ロックアイドルユニット・Party Rockets GT

楽曲にはあまり関係なさそうなスタジオ選びだが、ユニット名の"Rockets"や曲名の「ロケット」から、宇宙船のような内装のスペーススタジオが撮影場所に選ばれているのかもしれない。

サンミニッツ「パノラマワールド」

動画サムネイルからも完全にスペーススタジオだと一目でわかる。アイドルユニット・サンミニッツのデビューシングルだ。

EDM、エレクトロ、ハウス調ダンスミュージックを基調にした楽曲をリリースするというコンセプトなだけあってスペーススタジオのフューチャー感にマッチしている。

2014年の時点でスペーススタジオを利用していることから、このシーンの先駆者だと言ってもいいのかもしれない。

Kus Kus「ピコレーション」

正直これはスペーススタジオなのか確証が持てないが、スペーススタジオっぽいところで撮影しているので一応入れてみた。

エレクトロ・ポップの楽曲が印象的なユニットの名前はKus Kus。スペーススタジオじゃなかったらごめん。

また、アイドルのほかにも、川崎市を活動の拠点にするラッパー・Young HastleさんらFLY BOY RECORDSの面々もスペーススタジオでMVを撮影していた。
Young Hastle「普通じゃない feat. DJ TY-KOH&KOWICHI」

さらには、AAAのメンバーで、ソロでラッパーとしても活動するSKY-HI(日高光啓)さんも。カメラを固定してスペーススタジオとSKY-HIさんのかっこよさを最大限活かした撮影となっていて、気持ちのいい映像に仕上がっている。

SKY-HI「Limo」

おしゃれなイメージの強かった「STAY TUNE」だが、かわいかったり、ポップだったりと、MVの監督や被写体によって様々に表情を変えるスペーススタジオの潜在力には驚かされた。

今回は、現時点で筆者が発見しているMVをまとめてみたが、実際にはまだまだ存在している可能性が高い。

見つけ次第、この記事を更新していこうと思っているので、もしも他にも知っているよ! という読者の方がいれば、コメント欄やお問い合わせ、Twitterなどでで教えていただけると幸いだ。

※追記
kus kusのMVの撮影場所は川崎にある近未来スタジオである、との情報をいただきました。
こちらのスタジオもめちゃくちゃかっこいい&リーズナブル。是非一度行ってみたいですね。

こんな記事も読まれています

関連商品

THE KIDS(通常盤)

著者 : Suchmos
発売 : 2017年1月25日
価格 : 2,700円(税込み)
販売元 : SPACE SHOWER MUSIC

関連キーフレーズ

「Suchmos」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 181

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?