209

最新ニュースを受け取る

【書評】『誰が音楽をタダにした?』がぶっ飛んでる 世界を変えた思惑を海賊版世代がレビュー
世界で起きているニュースを読むこと、SNSやブログに自分の意見を投稿すること、YouTubeで音楽を聴くこと。それらはいま、すべて無料だ。事実、あなたもこの記事を無料で読んでいるはずだ。

なんで無料なんだろう?」こんな疑問も生まれないほど、現在の世界は無料で溢れている。

今回紹介する『誰が音楽をタダにした?──巨大産業をぶっ潰した男たち』(スティーヴン・ウィット著/関美和訳/早川書房)は、タイトル通り、著者のスティーヴン・ウィットが徹底的な取材と5年近くもの歳月をかけて、音楽が無料になった経緯を追ったノンフィクションである。

文:加藤広大 編集:ふじきりょうすけ

なぜ音楽は無料になったのか? その真相を突き止める

music_ihou_download 本書の冒頭、著者は自身を「海賊版の世代だ」と語る。彼は、海賊版音源をネットで収集しては、ハードディスクをパンパンにして膨大なライブラリを築きあげた。

そんなある日、「この音楽ってみんなどこから来てるんだろう」と、ふとした疑問が浮かび、この問題を調べることにした。何万枚もの資料をめくり、何十人と取材を敢行するうちに、今まで誰にも知られず、本当のことが語られることもなかった、音楽が無料化した経緯を解き明かすことに成功した。

調べる過程で出会ったのは、MP3を創始した無名のドイツ人技術者たちや、スティーヴィー・ニックスからテイラー・スウィフトまで、ここ40年間に現れたすべての大物アーティストに何らかの形で関わっていた音楽業界の伝説的エグゼクティブ。さらには、インターネット上で音楽をリークし続けた「シーン」と呼ばれるグループのなかで、史上最強の一次感染源となった工場労働者

『誰が音楽をタダにした?』では、この3者の物語を中心に、1970年から続くデータ圧縮の技術開発競争やインターネットが普及していく歴史、リークの犯人を追うFBI、音楽レーベルによる著作権保護訴訟などが複雑に絡み合い、無料の音楽で溢れかえった現在へと向かって驚くべき事実が明かされていく。

史実が生み出した謎を追うエンタメ本の傑作

この作品は、安易にネタバレをすることの危険性を孕んでいる。なぜならば、本書には謎解きの面白さがあるからだ。

MP3が高効率なデータ圧縮を可能にした。じゃあ、なんで音楽が無料になるんだ?

インターネット上の音源リークは組織的に行われていた。じゃあ、どうやって発売前のCDを手に入れるんだ?

そんな疑問について、手を休めて考えながら読み進めることができる。そこから生まれる楽しみや、「そうだったのか!」と思わず膝を打ってしまう気付きを奪ってしまうのは、端的に言って罪だ。

そして何よりも、3人の主人公たちの視点、時間軸が章ごとに混ざり合い、時には撹拌され、やがてひとつの答えに向かうという演出は、ノンフィクションでありながら滅法面白いエンターテイメントとしての要件も満たしているからである。

それは下手な映画や小説より何倍も面白くて衝撃的であり、史実/事実であることがよりその強度を増している。

ネタバレ厳禁といえども、本書には誰かに話したくなるような小ネタもたくさん含まれている。世界ではじめてMP3音源になった楽曲のことや、絶妙なスティーブ・ジョブズの登場タイミング。断絶しがちなジャンルや時代を一気通貫で描き出した音楽業界の栄枯盛衰など、誰かに話したくなってしまうようなネタの宝庫なのである。

しかし、上述した理由からこれ以上のネタバレは避けねばなるまい。では、どんなやり口で話を進めよう。

さきほど、「著者は海賊版の世代である」と書いた。本作はその独白からはじまる。

だから、私も少し自分のことを話したいと思う。なぜなら、私も海賊版の時代を経験しているからだ。
1
2

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「スティーヴン・ウィット」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 118

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(1)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag
CKS

CKS 認証済みアカウント

読んだけど、オモローだった

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ