117

POPなポイントを3行で

  • 香取慎吾、初の個展がフランスのルーブル美術館で開催
  • 広報大使に就任した「ジャポニズム2018」公式企画の一環
  • すでに作品の準備中で「ぼくのアート脳が爆発」している!

最新ニュースを受け取る

香取慎吾、仏ルーブル美術館で初の個展開催 「ぼくのアート脳が爆発」

日本財団パラリンピックサポートセンターオフィスの壁画(※「NAKAMA des ARTS」での出展は不明)/画像は「ジャポニズム2018」公式サイトより

SMAPを経てアーティストとして活動する香取慎吾さんの初となる個展「NAKAMA des ARTS」が、フランス・パリにあるルーブル美術館内シャルル5世ホールで開催される。期間は9月19日(水)から10月3日(水)まで。

自身初の展覧会は、日仏友好160年を記念した日本文化・芸術の祭典「ジャポニズム2018:響きあう魂」の公式企画の一環。

ジャポニスム2018広報大使にも任命された香取さんは、ルーブル美術館での実施決定に「ぼくのアート脳が爆発しています」とコメントしている。

アーティスト、香取慎吾の初の個展はフランスで

香取慎吾

香取慎吾さん

気になる展示内容は、「アートを題材にしてNAKAMAとつながりたい」というコンセプトのもと、絵画、オブジェだけでなく自身の好きなファッション、そして「新しい建築」とのコラボレーションを紹介。

アートにゴールはないと思い続け、描き続けているぼくですが、目指すゴールと言ってもおかしくないルーブル美術館でスタートできることに、ぼくのアート脳が爆発しています。たくさんの人にぼくを感じてもらいたいです。 香取慎吾

すでに作品の準備に取り掛かっているという香取さんは、既存の作品からも念入りに選定を行う予定。

6月24日(日)まで帝国ホテルプラザ 東京を会場に、若手アーティストたちとアートでつながるアートギャラリー「NAKAMA de ART」を開催中の香取さん(外部リンク)。
NAKAMA de ART
5月26日・27日に開催された六本木アートナイトでは、自らラッピングしたBMW新型車種を披露するなど、アーティストとして精力的な活動が続いている。

香取慎吾が広報大使をつとめる「ジャポニズム2018」とは?

「ジャポニスム2018:響きあう魂は、芸術の都フランス・パリを中心に、ルーブル美術館はじめ、パリ内外の100近くの会場を舞台にした日本文化・芸術の祭典。

7月から2019年2月までおよそ8カ月間にわたって開催される。

縄文文化から伊藤若冲、琳派、そして最新のメディア・アート、アニメ、マンガまで、さらには歌舞伎から現代演劇や初音ミクまで、日本文化の多様性に富んだ魅力を紹介。

同時に、食や祭りなど日本人の日常生活に根差した文化をテーマにした交流イベントも開催される。

アーティスト・香取慎吾の活動

こんな記事も読まれています

関連商品

映画 クソ野郎と美しき世界 オフィシャルブック (TJMOOK)

発売 : 2018年3月20日
価格 : 1,058円(税込み)
販売元 : 宝島社

アーティスト、香取慎吾

イベント情報

「NAKAMA des ARTS」展

期間 2018年9月19日(水)〜10月3日(水)
会場 ルーブル美術館シャルル5世ホール(カルーゼル・ドゥ・ルーブル内)
主催 株式会社モボ・モガ
共催 国際交流基金

関連キーフレーズ

「香取慎吾」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 104

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ