141

『攻殻機動隊』笑い男の誕生秘話 Aphex Twinも手がけたデザイナー

笑い男/画像はポール・ニコルソンさんInstagram(number3__)より

神山健治監督によるTVアニメ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』を象徴するシンボル・笑い男を、デザインした本人であるPaul Nicholson(ポール・ニコルソン)さんがInstagramで解説し、にわかに注目を集めている。

Instagramの投稿では、ポール・ニコルソンさん制作のシンボルが、『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』で起用された経緯についても語られている。

近未来の犯罪を描く『攻殻機動隊』

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX/画像はAmazonより

2002年に放送されたTVアニメ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』。以降、「S.A.C.」シリーズとしては、3度に渡りアニメ化されている。

物語は士郎正宗さんの描いた原作漫画を元にした、オリジナルストーリーで構成。監督を神山健治さん、音楽を菅野よう子さん、アニメーション制作をProduction I.Gが担当している。

笑い男は、第1作『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』のストーリーに大きく関わる「笑い男事件」で使用されたマークだ。

クラッカー(悪意を持ったハッキングを行う者)である「笑い男」本人の素性が明らかにならないよう、ネットワーク上に記録された自身の顔に関するすべての情報にこの「笑い男マーク」が上書きされており、大いに世間を賑わせる劇場型事件として描かれている。

デザイナー本人が語る笑い男秘話とは?

作中では、プリントした鞄やTシャツが流行するほど、社会現象的に扱われた笑い男のシンボル。

スカーレット・ヨハンソンさん主演の実写映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』公開直前で「攻殻」の人気が再燃するなか、シンボルをデザインしたポール・ニコルソンさんによる解説が投稿され、ファンの間で大きな話題になった。

GHOST IN THE SHELL: STAND ALONE COMPLEX AND HOW I GOT TO DESIGN THE LAUGHING MAN LOGO. From the mid to late 90s, I had been designing for a Japanese game developer and music label, Frognation. At the time, I had and sent the guys in the Tokyo office a load of Prototype 21 stickers, which were liberally plastered around. Prototype 21 was a clothing label I designed for which ran from 1992 to 2002. Dai Sato, one of the guys at Frognation, is also a scriptwriter at Production I.G. and had been working on early drafts for the animated TV series of Ghost in the Shell - Stand Alone Complex.  His laptop being covered in those stickers I had sent were seen by the director of Stand Alone Complex, Kenji Kamiyama. He loved the stickers and as he was looking for a graphic designer, one thing led to another. I was sent a brief and invited to submit designs for the Laughing Man, a hacker central to the storyline. That was the summer of 2001. For this Laughing Man, it was the first time Production IG had chosen to work with a non-Japanese creative. #GhostintheShell #StandAloneComplex #LaughingMan #ProductionIG #KenjiKamiyama #DaiSato #Logo #LogoDesign #GraphicArt #GraphicDesign #Paul Nicholson #Number3 #3 #III

Paul Nicholsonさん(@number3__)がシェアした投稿 -

Instagramでの投稿には、同アニメで脚本を担当した佐藤大さんのパソコンに貼られていたポール・ニコルソンさんデザインのステッカーを見た神山健治さんが、笑い男のデザインを依頼したという経緯も語られている。

なお2月には、同じくポール・ニコルソンさんがデザインした「テクノビースト」ことエイフェックス・ツイン(Aphex Twin)さんのシンボルデザインの解説もアップされており、注目の的に。

同氏は他にも、『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』の「個別の11人」や、神山健治さんによるTVアニメ『東のエデン』のロゴも手がけている。いずれはそちらもデザインが解説されるのだろうか? 今後も目が離せない。

こんな記事も読まれています

関連商品

攻殻機動隊 S.A.C. 笑い男 ステッカー

発売 : 2008年9月3日
価格 : 540円(税込み)
販売元 : コスパ

関連キーフレーズ

「笑い男」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 50

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?