545

7月25日から、映画『東京無国籍少女』が上映されている。本作は、アニメ『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』や『機動警察パトレイバー』はじめ、数々のアニメ・実写作品を手がけ世界的に支持を集める押井守監督の最新作だ。

もともとは「ハードボイルドヨコハマ アクションムービーコンペティション2012」で審査員長をつとめた押井監督から絶賛され、審査員特別賞を受賞した山岸謙太郎さんの同名作品が原案。

今回新たに、押井監督が満を持して手がけた本作では、とある女子高を舞台に、これまで避けてきた実写による直接的な暴力や性描写が描かれている。

「東京無国籍少女」新トレーラー


鬼才・園子温監督の映画『TOKYO TRIBE』でヒロインに抜擢された清野菜名さんが、初主演作品にしてハードなアクションに挑戦していることも話題を集めている。

編集部では、総監督をつとめた実写映画『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』の上映が終了したばかりの押井監督にインタビューを行った。

歯に衣着せぬ発言で知られる押井監督が語った、本作で新しい手法に挑戦した真意や現代を取り巻く空気感をどう切り取ったか、そして、今なおカルト的な人気を誇る『機動警察パトレイバー2 the Movie』と本作との共通点とは?

取材:新見直 撮影:布村喜和

『パトレイバー2』の時より事態は悪化している

reIMG_8604
──『東京無国籍少女』は、2012年に押井監督が審査員長をつとめたコンペティションで審査員特別賞を受賞した山岸謙太郎さんの同名作品を原案に、新たに撮り直しされたものですよね。当時から自分の手でリメイクすると宣言されていましたが、それはなぜですか?

押井 コンセプトが面白いと思った。あとタイトルが気に入って。「無国籍」っていいタイトルだよね。現代性もあるし、僕が普段から考えていることに近かったんですよね。

──実写版『パトレイバー』の最初の製作発表記者会見で、「物語を持たない現代の人間を描くことで同時代性が宿る」と話されていましたが、今回もそれに通じる「無国籍」性というのものに監督は共鳴されたのでしょうか?

押井 そうだね。みんな、自分の所在が今ひとつわからない時代なんですよね。自分が本来いるべき場所はここじゃない。それがどこで、自分は何者なのか──それこそが、特に若者にとって、今一番時代的なテーマ。今って、みんな何となくそういう感覚はあると思う。

それは、時代を超えて通じる側面もある。子供というものは大概、そういう風に考える時期があるから。特に女の子は、自分の居場所はここではないから、いつか誰かが迎えにくるんじゃないかって、ある時期必ず思うものだよね。

──いわゆる「シンデレラコンプレックス」ですよね。

押井 そう。その違和感を忘れて、ここが自分の場所なんだと無理やり認めることで、人は大人になっていくものなんだけど。

ただ、今の時代は、そのテーマがある種の陰惨さを帯びるようになってきている。なぜ若い子がイスラム国にいくのか。なぜタトゥーを入れるのか。なぜファッションにこだわるのか──その理由と一緒だと思う。結局それも、今の自分に確信が持てないからですよね。

若ければ、その違和感が原因で突飛な行動に移ってしまう人間もいるでしょう。極端な場合、ある日突然通り魔になったり爆弾をつくってみたり性転換したりイスラムにいったり。

自分探しとかそんな情緒的なものじゃなくて、単純に不安なんだよ。恐怖と言ってもいい。それは、昔、みんなが子供の頃に抱いていた妄想とも少し違っている。

自分はお姫様として白馬に乗った王子様を待っていたら、迎えに来たのは戦争だったっていうさ。自分はお姫様じゃなくて兵士だったっていうことに気付いていく。それが今の時代の空気感なんだよね。

reIMG_8593

──それは、現代において、現実感が乏しい日常を打開するために、何かしらの「痛み」を求めてしまう空気感があるということですか?

押井 たぶん。

──それが「戦争」という形で表れている、と。押井監督にとって、やはり「戦争」というのは大きいテーマなのでしょうか?

押井 だって、興味があるものなんて戦争以外に何もないもん。今の時代、全ては戦争に集約されるでしょう。日本にいると見えにくいかもしれないけど、まともに世の中を見ていたら気付くはず。戦争以外にテーマなんてあるのか? という気がする。

──それは、93年に公開された劇場アニメ版『パトレイバー2』で語られていたことと、ある意味変わっていないのでしょうか?

押井 全然変わってない。変わってないどころか、確実に悪化していると思う。

単に戦争でないというだけの消極的で空疎な平和は、いずれ実体としての戦争によって埋め合わされる。そう思ったことはないか?

その成果だけはしっかりと受け取っておきながら、モニターの向こうに戦争を押し込め、ここが戦線の単なる後方に過ぎないことを忘れる。いや、忘れた振りをし続ける。そんな欺瞞を続けていれば、いずれは大きな罰が下されると
(『機動警察パトレイバー2 the Movie』荒川の台詞より)

──見えない戦争が進行している?

押井 昔よりも、確実に戦争臭くなってきた。それは、「日米安保を解消して自衛隊を存続できるのか」とかって話とは全然無関係。だって、この戦争は政治の話ではないレベルで起きていることだから。

──それは、若者にとって、戦争の方がリアリティを帯び始めているということなんでしょうか?

押井 たぶん、今起きている日本の現実の方が説得力をなくしているんだと思う。だから、もっと説得力のあるものを無意識に探しているだけだよ。今の世の中で一番説得力のあるものは何だって話。もっと言えば、人間の長い歴史の中で一番説得力があったものは何か?

だから、『パトレイバー2』の頃から認識は変わってないどころか、確信を深めつつあるだけ。状況として言えば、明らかに悪化している。

──それが『東京無国籍少女』でも、ラストにつながっていくんですね。

1
2

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「押井守」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 253

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?