6

POPなポイントを3行で

  • アプリゲーム「ZOIDS FIELD OF REBELLION」が7月で終了
  • 操作性は快適とは言い難かったがプレイヤー連携バトルが醍醐味だった
  • なお6月には12年ぶり「ゾイドワイルド」が始動、6種のゾイドが販売開始

最新ニュースを受け取る

ゾイドのスマホ向けオンラインバトルゲーム、1年3ヶ月でサービス終了へ

画像は「ZOIDS FIELD OF REBELLION」公式サイトより

タカラトミーによるスマートフォン向けアプリゲーム「ZOIDS FIELD OF REBELLION」(ゾイド フィールド オブ リベリオン)が、2018年7月27日(金)にサービス終了することがわかった。

2017年4月のリリースから1年3ヶ月での幕引きとなる。

1980年代から続くゾイド

ゾイドは、1983年から展開されている、動物や恐竜をモチーフにした玩具。

接着剤を必要としない簡単な組み立てキットで、当時の子供たちに絶大な人気を博し、アニメ化をはじめとしたメディアミックス展開など、長年愛されてきた。

アプリゲーム「ZOIDS FIELD OF REBELLION」では、2つの勢力に分かれて、バトルフィールドを舞台に、プレイヤー同士の最大4対4のチーム戦で相手陣地の拠点を制圧し合う。

当初から操作性についてはそこまで評価されていなかった印象だが、おなじみのゾイドが登場するのはもちろん、プレイヤーとの連携がゲームの勝敗を握る重要な鍵となっていたり、カスタマイズが自由だったりと、ファンにはたまらないゲームシステムだった。

1年余りでのサービス終了発表を受けて、コアユーザーたちは驚きを隠せない様子だ。

なお、この6月には、2006年に終了した「ゾイドジェネシス」シリーズ以来12年ぶりとなる新プロジェクト「ゾイドワイルド」が始動、6種類のゾイドたちが販売開始となる。また、7月からはTVアニメも放送開始される。

ゲームの話題が目白押し

こんな記事も読まれています

関連商品

ZOIDS ゾイドワイルド ZW01 ワイルドライガー

発売 : 2018年6月23日
価格 : 3,240円(税込み)
販売元 : タカラトミー(TAKARA TOMY)

新シリーズ「ゾイドワイルド」、予約受付中だ

関連キーフレーズ

「ZOIDS FIELD OF REBELLION」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 4

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ