50

POPなポイントを3行で

  • 本の街、神保町に新たな新名所
  • 書店・喫茶店・コワーキングスペースの複合施設
  • 約9000点の書籍を取り揃える

最新ニュースを受け取る

「神保町ブックセンター」開業 岩波ブックセンター跡地の複合施設

神保町ブックセンター

4月11日(水)神保町の岩波ブックセンター跡地に、本と人との交流拠点「神保町ブックセンター with Iwanami Books」がオープンした。

「神保町ブックセンター」は書店・喫茶店・コワーキングスペースの複合施設となっている。

約9000点の書籍を取り揃えた複合施設「神保町ブックセンター」

神保町は、数多くの出版社や編集プロダクション、そして有名書店/古書店が軒を連ねる世界有数の本の街として有名。

かつて岩波書店の書籍を数多く取り揃えていた岩波ブックセンターの跡地に誕生した「神保町ブックセンター」は、本を中心に人々が集い、新しい知識・新しい仲間に出会える、神保町における「本と人との交流拠点」を目指していくという。
神保町ブックセンター

「神保町ブックセンター」

学術書から一般書、児童書や辞典など「考える」力を養う本を提供しつづける岩波書店の書籍を揃えた「書店」、本を読みながらくつろげる「喫茶店」、本に囲まれた空間で仕事ができる「コワーキングスペース」の3つの機能を複合させた施設となる。
神保町ブックセンター

「神保町ブックセンター」

単行本から文庫、新書、児童書、自然科学書、辞典まで、岩波書店から現在刊行されている約9000点の書籍を取り揃えるほか、ブック・コーディネイターの内沼晋太郎さんがアドバイザーとして、本や出版に関する幅広いイベントを開催していくという。

また、本に囲まれた空間でコーヒーやサンドイッチ、デザートなどを楽しめる。神保町で書店巡りをする際の休憩スポットとしても、今後利用が期待できそうだ。
神保町ブックセンター

「神保町ブックセンター」

神保町ブックセンター

「神保町ブックセンター」

神保町ブックセンター

「神保町ブックセンター」

神保町ブックセンター

「神保町ブックセンター」

神保町ブックセンター

「神保町ブックセンター」

最近、本読んでる?

こんな記事も読まれています

関連商品

記者襲撃 赤報隊事件30年目の真実

著者 : 樋田 毅
発売 : 2018年2月22日
価格 : 2,052円(税込み)
販売元 : 岩波書店
襲撃されないように気をつけていきたい

関連キーフレーズ

「神保町ブックセンター」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 13

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ